【波乱万丈】お坊さん→石垣島まつりダンス部門優勝したダンサーTOMO

ダンサーTOMOのジャンプ写真

どうなったらお坊さんが➡︎プロダンサーの道へ行こうと思えるの??

そんな規格外の人が石垣島まつりのダンス部門で優勝しちゃうから興味本位で取材しました。

 

 

で、現在は当サイト|編集長の友人が営んでいるダイビングショップでダイバーとして修行中。。この時点で経歴がバグっているのでとりあえずプロフィールをザッと読んでみると…

プロフィール

ダンサーネーム:TOMO(トモ) 1987年生まれ。(youtube

14歳からダンススタジオに通い始める。20歳でニューヨークのアポロシアターにあるアマチュアナイトというダンスイベントでアドリブ部門で優勝。Dance@live ヒップホップside4位を受賞。

その後、他のダンス部門で数々の実績を残すが、24歳でダンスの世界で人生迷子になり、なぜか京都の禅寺へお坊さんの修行へ。。

1年半、お坊さんの修行をした結果「やっぱりダンスがしたい!」という煩悩に負けて、勝手にダンスの世界へ再び返り咲く。

本来の自分を取り戻したあとのダンス実績は、

  • ニューヨークアポロシアター アマチュアナイト アドリブダンスコンテスト優勝
    ↓↓↓
  • マイケルジャクソン ムーンウォーク世界大会 特別賞
    ↓↓↓
  • 紅白歌合戦 氷川きよしバックダンサーを担当
    ↓↓↓
  • ポカリスウェットCMダンサー出演

その後、

繰り返しお伝えしますが、ダイビングショップでダイバーとして修行中。そして石垣島まつりのイベント[ダンス部門]で優勝を飾る。。

波乱万丈すぎるのでとりあえず、

編集長 ヨギ
なぜ石垣島に移住したんですか?

と聞いたら、

ダンサー TOMO
ダンスだけではご飯が食べられないんです!あとゲイの人に好れるんですよ…なんでですかね?

(・・・・・・)

 

とりあえずぶっ飛んでいることが確信したので、いろんな意味で腹をくくって取材させていただきました。

石垣島【海の上インタビュー】ダンサーTOMOは個性的すぎる話

ダンサーTOMOが普段お仕事をされているダイビングショップBreeze石垣島代表の高木さんの船舶にて取材をさせていただきました。

編集長 ヨギ
高木さん、今回は船の上でインタビューの許可をいただきありがとうございます!

Breeze石垣島:高木さん

高木さん
お久しぶりですヨギさん!

石垣島の海の上を感じながら取材したほうが気持ちいいかな〜と思って!今回うちのスタッフTOMOくんをインタビューしていただくということで嬉しい限りです。

TOMOくん、ヨギさん来たよ!

ダンサー TOMO
あ、どうもヨギさん。僕、めちゃ有名になりたいのでよろしくお願いいたします。
編集長 ヨギ
よろしくお願いいたします。さっそくですけど、TOMOさんのダンスの実力を見せていただけませんか?
ダンサー TOMO
はい。。ただ、昨日は熱を出していまも体調不良なのでダンスは微妙かも。。それでも大丈夫なら見せたいです!!
編集長 ヨギ
(いったいどっちなんだ??)わ、わかりました。では見せてもらってもいいですか?

それがこちら。※ちびっ子たちは必見です♪

編集長 ヨギ
体調不良にはみえないキレッキレのダンスですよ!石垣島まつりで16名の応募者から優勝したのも納得いきます。
ダンサー TOMO
ありがとうございます!

優勝だけでなく有り難いことに賞金もいただけました!ホントにこれで焼肉行こうと思ったんですよ〜!で、賞を貰った封筒を空けたら…

【賞金〇〇円】石垣島まつりダンス部門優勝者の実力とは

提供:Breeze石垣島

編集長 ヨギ
封筒空けたら、なんですか?

気になる中身がこちら。

 

 

高木さん
TOMOくんは純粋なんですよ。賞金よりも大勢の前でダンスができて、目立てばそれで満足なんです。そこでプラス賞があるだけで感謝の気持ちで満たされているんです。
編集長 ヨギ
・・・なるほど(汗)その賞金はどうしたんですか?
ダンサー TOMO
これは同棲している彼女の生活費に当てました。
編集長 ヨギ
(・・・なんか、リアルすぎて「そうなんですね。」としか言えない。。)
高木さん
そのTOMOくんの彼女と移住してきて僕と初めて出会ったんですが・・・その前に、TOMOくんアレを先に話さないと。

ダンサー TOMO
実は、ダンスに一度挫折して、お寺でお坊さんの修行をガチでしていた時期もあったんですよ。

「ネジが3本ぶっ飛んでいる」ダンサーTOMOが【仏の道へ走る物語】

提供:TOMOさん

編集長 ヨギ
なぜお坊さんの道に走ったのですか??
ダンサー TOMO
とにかく悟りを開きたかったんです。
編集長 ヨギ
(・・・それは、わかるんだけど。。)
高木さん
「どういった経緯でダンサーからお坊さんの道へ向かったの?」と聞いているんだよ?
ダンサー TOMO
あぁ、、なんかある日突然、自分が目指していたダンスが完成してしまって、完全燃焼したんですよ。で、目標も無くしてやる気がなくなって家でゴロゴロしながら本を読んでばかりで無気力状態でした。。(汗)
編集長 ヨギ
ニート生活になったんですか?
ダンサー TOMO
違います。家でゴロゴロしながら本ばかり読んでいたんです。

 

(・・・)

高木さん
TOMOくん、お仕事しないで家でゴロゴロしている期間のことを「ニート」と言うんだよ。
ダンサー TOMO
あ〜そうなんですね!じゃあ僕ニートでした!!

そんな時にお兄ちゃんから「そんなに相田みつおさんが好きならお坊さんになれば?!」て強く言われたので「わかったよ!お坊さんになるよ!!」と言い返して、寺に飛び込み訪問してお坊さんの道に走りました。

編集長 ヨギ
あの、こういう言い方は失礼かもしれませんが一般的な人とは少し変わった思考をお持ちですよね?

仏の道その1【残り63円】迷える子羊がダンス➡︎お坊さんへ天職する話

 

高木さん
ヨギさんも気づいていると思うけどTOMOくんはアホなんです。ネジを何本か無くしているんですよ。
編集長 ヨギ
(・・・いまのところ3本くらいないのが分かっています。)そもそもお寺に飛び込み訪問して雇ってくれたんですか?
ダンサー TOMO
お寺に着いたのは良かったんですけど、残金が63円しかなくて雇ってもらえなかったらどうすることもできない状況だったので、住職さんが仕方なく引き取ってくれました。
編集長 ヨギ
完全に迷える子羊ですね(汗)それで、なぜお坊さんの道を選んだのですか?

仏の道その2【誤った自己解釈】修行して分かった「好きな事を求める欲求こそ悟りなんだ!」

ダンサー TOMO
目標をなくしたけど、相田みつおさんの本は好きだったので仏の道には関心はあったんです。特に何かやりたいことがないから、その場の勢いで決めました!
編集長 ヨギ
厳しいイメージがあるお坊さんの修行ですが、生活てどんな感じでしょうか?

提供:ダンサーTOMO(左端)

ダンサー TOMO
基本的に修行している仲間で共同生活を送るんですよ。着る物も、食べ物も。。質素な生活を延々と送っていました。ダンスとは全く無縁な世界なんですが、やっぱり・・・
編集長 ヨギ
再びダンサーになろうと思ったんですねw
ダンサー TOMO
1年半ぐらいお坊さんの修行をした頃に、なぜか猛烈にダンスをしたくなったんですよ〜!!
編集長 ヨギ
つまり、煩悩に負けたんですね。。

仏の道その3「煩悩じゃない!覚醒したんだよ」完全にバグってる話

 

ダンサー TOMO
違います!ダンサーとしての本来の自分を覚醒させたんですよ!!

高木さん
TOMOくん、お坊さんの修行よりもダンスをはじめたい覚醒(欲求)が上回ったことが煩悩というんだよ。
ダンサー TOMO
あーそれです!!煩悩には負けていません。ダンスの欲求が上回ったんですよ!!本来の自分を取り戻すための修行だったんですよね!!!
編集長 ヨギ
(・・・これはかなりバグっているな。)それで、すんなりお寺をやめることができたのですか?
ダンサー TOMO
けっこうスムーズにやめることができました(笑)その後に出会ったのが一緒に石垣島に移住してきた彼女です。

彼女と石垣島移住、親を説得するには南の島に逃亡するしかない!

浜崎アリーナ

場所:浜崎アリーナ

編集長 ヨギ
ここで石垣島に移住するキッカケになったのですね?
ダンサー TOMO
そうです。彼女が石垣島の海が好きなので一緒に移住しました。自分の好きなことができるなら場所は関係ないので抵抗はなかったです。
編集長 ヨギ
親にお寺をやめたことも移住したことも当然知らせているんですよね?
ダンサー TOMO
実はお寺をやめた後、お金に困っていた僕を救ってくれたお兄ちゃんのところで働き続けていたのですが、僕が勝手に辞める宣言してダンスに集中したいことを伝えると、怒らせてしまって家族会議にまで発展しました。。(汗)
高木さん
TOMOくんはね、自分のやりたいことが決まったらそれしか頭にないんですよ(笑)
編集長 ヨギ
(苦笑)高木さんは、TOMOさんの良き解説者ですね。それで、どうやって説得したんですか??
ダンサー TOMO
説得は、親に黙って彼女と石垣島に移住しました。
高木さん
それ説得て言わないよ!ただの逃亡だからね(爆)
編集長 ヨギ
じゃあ、親はTOMOさんが石垣島にいることを知らないのですか?!
ダンサー TOMO
手紙は送っているので石垣島にいることは知っています。この間、初めて手紙の返事が届きました。

プチまともな話。手紙を読んで感動したダンサーTOMO。しかし…

編集長 ヨギ
反対を押し切って移住したにも関わらず、手紙の返事が届いたのは嬉しかったんじゃないですか?
ダンサー TOMO
涙がでました。。やっぱり反対を押し切って勝手な行動しましけど、親に会いたい気持ちが猛烈に強くなってきて…ぼく、今すぐにでも家に、、
高木さん
イヤ!お家には帰さないからね!!

これで引き返されたらショップも困るし、また同じことの繰り返しになっちゃうから(怒)でもしっかり手紙は送っていただけるとご両親も安心すると思うから、それは続けてほしいね。

編集長 ヨギ
それで、どうやって高木さんのダイビングショップで働くことになったんですか?
ダンサー TOMO
これも縁があって、移住した時は石垣島のダンススタジオで子供たちにダンスを教えるお仕事と他にもお仕事をしていたのですが…、いろいろ自分のやりたいことと違っていて…
高木さん
やっぱりダンス1本でお仕事したかったんだよね?
ダンサー TOMO
…はい(苦)で、別の仕事先のダンススタジオで働かせていただいた時にそこのスタッフさんが高木さんと知り合いで紹介させていただいたという感じです。
編集長 ヨギ
キッズダンスの先生をしているのは素晴らしい実績じゃあないですか。

【Breeze石垣島限定】ダイビングショップでダンサーTOMOに会えるぞ!

ダンサー TOMO
子供があんまり好きじゃないというか、苦手と言うか、面倒を見る側が嫌というか、、

おれがいつも目立って!
注目されて!
おれが1番!
おれを見といて!
おれに注目!という自分と、年上でダンスの先生という立場。

この2つのバランスを取るのはストレスだったんです。。

高木さん
TOMOくんは、めんどくさいんですよw

しかし、ダイビングしたことがないて言っていたけど、センスを感じたからスタッフとして働いてみないかて誘ったんです。だからうちに来るお客さんはボートの上でTOMOくんのダンスも見れるメリットもあります。

編集長 ヨギ
なるほど。Breeze石垣島限定で目立てますし、良いとこどりじゃああないですか(笑)
ダンサー TOMO
お陰様で、ダンスもさせていただきながらダイビングもさせてもらっているので、人生何があるかわからないです。自分の好きな趣味が仕事で活かすことができているので天職です!
編集長 ヨギ
今の言葉を親も聞いたら嬉しいと思いますよ。ちなみに、今後はBreeze石垣島で仕事をしていくのでしょうか?
高木さん
いまは僕が代表という立場で一緒に現場に出ていますが、後々はTOMOくんに任せていく為にも経験を積ませています。リピーターのお客さんもTOMOくんの成長を楽しみにしていると思うので。
編集長 ヨギ
お客さんとしては、TOMOさんのダンスとダイビングガイドの成長も楽しめるという訳ですね!
ダンサー TOMO
頑張ります!一応、お客さんから評判あるダンスなんですが、

  • ヒップホップ
  • ポップ(ロボットダンスのような)
  • ロック
  • ハウス
  • ムーンウォークなどですね。
編集長 ヨギ
これだけのダンスを上手になるコツはなんでしょうか?

【真面目な話】ダンスのコツとは?石垣島を盛り上げる為に海外へ

ダンサー TOMO
ぼくの経験ですが、

「やりたい!」

「すげ!」

「カッコイイ!」と思ったことをどんどん真似することです。

小さい頃を思い出してほしいんですけど、好奇心でいろんなことに夢中になったり、憧れたり感動したり、衝動が個人的にはコツだと思います!

編集長 ヨギ
小学生の頃、鬼ごっこで逃げ切る時のあの境地ですね!今後のダンス活動で予定しているのがあれば聞いてみたいです。
ダンサー TOMO
とにかく石垣島のダンスイベントや催し物が あったら 踊ろうとおもいます。

石垣島にもっともっとダンスの需要が出るように、実績を出して石垣島PR情報局さんを先駆けとして、今後は別のメディアにも取り上げられるように2020年2月にアメリカ:ロスアンゼルスにダンスしに行きます。

編集長 ヨギ
それは大きな目標でもありますね!

TOMOさんと同じようにダンサーとして夢を叶えたい人が石垣島にもいると思います。そういう方に向けて何か励ましのメッセージなどありますか?

ダンサー TOMO
この記事がキッカケで「あ、TOMOさんだ!」「写真撮って」なんて声かけてもらえたら嬉しいです。僕みたいな人でも子供たちに教えていますので、教わりたい方がいれば全然教えます!!

是非Breeze石垣島にダンス見に来てくださいね〜♪

編集長 ヨギ
励ましのメッセージではなく自己アピールになっていますが(汗)、、、今後、TOMOさんに注目させていただきます!本日は、ありがとうございました!
ダンサー TOMO
ヨギさんヨギさん!最後に「なぜ、ダンスを始めようと思いましたか?」て僕に聞いてください。

終わったはずの取材を延長させられた理由【ナイティナイン岡村隆史さん】が重要だそうです。

編集長 ヨギ
それ最後に聞きますかね??

だいたいこういった質問は最初なんですけど、(やっぱりネジが5本ほど無いな)TOMOさんはなぜ、ダンスを始めようと思いましたか(汗)

ダンサー TOMO
中学2年生の頃、テレビ番組「めちゃめちゃイケてる」で、ナインティナインの岡村さんが、SMAPのコンサートで踊ってるのを見て、「すげ!!!」と なり気がついたら真似して踊りはじめてました。

だけど、ダンス一本ではご飯を食べていけず、彼女の稼ぎでヒモ生活を続けていました。。

気がついたら石垣島へ。
そこは岡村さんの観光大使の島だった。岡村さんと逢って、踊って、潜りたいなぁ〜。それが僕の夢だ!

あとは石垣島で岡村さんに逢うだけだ。ぜったい逢ったら泣いちゃうから、ファーストコンタクトは ダイビングがいいな〜。僕の人生を変えてくれた人だから、本日はありがとうございました!!

編集長 ヨギ
勝手に終わらさないでください!

・・・夢のある話でしたが、最後の最後で彼女のヒモ男だったとは1番の衝撃です!(やっぱネジは10本ぐらい無くしているな…)

高木さん
ヨギさん、話変わるけどBreeze石垣島は今年で15周年なんですよ。キャンペーン企画しているので石垣島PR情報局限定で特典記事書いてよ。ね?
編集長 ヨギ
・・・え?なんですかその断る選択肢を与えないお願いは。。

というわけで、

石垣島PR情報局経由で【格安速報】Breeze石垣島15周年記念キャンペーン記事からダイビング予約すると当サイトのみ限定特典プレゼント中!!

2〜3分でサラッと魅力が伝わります。

【格安速報】Breeze石垣島ダイビングサービス15周年記念キャンペーン

※本記事は取材時点の情報であり、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報はTOMOさんの連絡先までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です