YouTubeチャンネルはこちら

石垣島で使える「新型コロナウイルスワクチン接種証明書」

石垣島で使う「新型コロナウイルスワクチン接種証明書」
石垣島で使える「新型コロナウイルスワクチン接種証明書」
この記事のポイント
  • 石垣島内の対象飲食店で特典や優待サービスを活用できる「新型コロナワクチン接種証明書」を石垣市が発行
  • 石垣島民対象者に向けて「ワクチン接種証明書」を石垣市LINE公式アカウントから登録後、対象飲食店で提示、もしくは紙カードを提示して特典付与や優待サービスが受けられる
  • 対象飲食店は「新型コロナウイルス感染予防対策店」として2021年9月28日(火)から飲食店向けに募集開始

石垣市は2021年9月17日(金)に、新型コロナウイルスワクチン接種証明書をいつでもスマートフォンから、「石垣市LINE公式アカウント」メニューの「ワクチン接種証明書」を提示できる機能を導入しました。

石垣市LINE公式アカウントのメニュー

スマートフォンをお持ちで無い方は、カードを「石垣市健康福祉センター」で9月28日(火)から申請受付けを開始します。

スマートフォン・カードの「ワクチン接種証明書」の有効期限は、最終接種日から8ヶ月間石垣市内で活用できますが、「ワクチン接種証明書」は石垣島民が対象です。

「ワクチン接種証明書」の目的

「ワクチン接種証明書」を提示する目的は、石垣島内飲食店をはじめ、他施設を利用する際に、「ワクチン接種証明書」を提示していただくことで、安心してお店やサービスを利用できることを目的としています。

730交差点

また「ワクチン接種証明書」を示すことで飲食店の集客を目指し、イベント開催など行動制限を緩和することにも繋がりそうです。

実際に石垣島でワクチン接種した8割近くの人が、2回接種済み。

これを踏まえて、石垣市長の中山 義隆は、島民のワクチン接種者(2回)を対象とした「全国のモデルケースとして、実証実験のような形で実施したい」と意気込みをみせています。

「新型コロナウイルス感染予防対策店」

また石垣市は、今後の緊急事態宣言やまん延防止等措置が発令された場合でも、「ワクチン接種証明書」を所持した石垣島民に、「新型コロナウイルス感染予防対策店」での飲酒・食事やイベント参加ができるように沖縄県に働きかけるとのこと。

「新型コロナウイルス感染予防対策店」は、石垣市から認定を受けた飲食店が対象となり、これを証明できるQRコード式のステッカーを配布されます。

ワクチン接種者(お客さん)には、特典付与や感染防止をした店内区域分けができるような優待サービスを、飲食店側が用意できる範囲で取り組む予定です。

この取り組みに協力できる飲食店を対象に、9月28日(火)から「新型コロナウイルス感染予防対策店」として、認定を目指す飲食店の募集を開始します。

来島者(観光客)は、「ワクチン接種証明書」と同じ機能を持つ「あんしん島旅プレミアムパスポート」もこれまで通り石垣島で使用できます。

「あんしん島旅プレミアムパスポート」を取得するには、南ぬ島石垣空港到着ロビー前特設ブースにて発行しております。

石垣島では、今のところワクチン接種(2回)率は77%接種済み。感染した事例はあるが、重症者は出ていないことが分かっているため、重症リスクは低く、医療機関への負担も少なくなります。

また石垣市は全国的にもワクチン接種率を達成し、経済回復も早かったことから、今回の取り組みにも期待が高まります。

この機会に「石垣市LINE公式アカウント」に友だち追加をして、「ワクチン接種証明書」の登録、もしくはスマートフォンをお持ちで無い方は、「石垣市健康福祉センター」でカードの申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

シェアしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

編集長 與儀(よぎ)地域WEBマーケター
石垣島PR情報局の編集長を勤めている與儀(よぎ)貴志と申します。 石垣島の全ての魅力を石垣島PR情報局のスタッフが現地人の視点からお伝えしております。当サイトで紹介してほしいお店、観光地などあれば取材させていただきます。 お気軽にご相談いただけますと幸いです。