12月の石垣島の海は泳げる!観光前に気温&天気を知れば服装が決まる!シュノーケルorダイビングツアーも紹介

タイトルの通りですが、この記事が自分に当てはまるか確認してみてください。
※当てはまらない方は読まずにこの記事を閉じたほうがよいです。

 

“12月の石垣島に旅行しようと検討している

そこで、情報収集しようとこの記事を開いてみた”

 

結論から先に言うと、12月の石垣島のオススメ情報がこの記事で得られます。

当てはまりましたか?

さっそく、12月の石垣島の扉を一つづつ開いていきましょう。

12月の石垣島について

現地人だから伝えられる12月の石垣島のポイントをまとめました。

チェックポイント
  • 12月ならではのイベント/観光/遊び方が分かる。
  • 【限定特典】12月のマリンツアーの魅力を知ることができる。
  • 水温・気温・服装選びがイメージできる。

これらのポイントを掘り起こします。まずは、どんなイベントがあるのか見てみましょう。

12月の恒例イベント「2つある話」

12月の石垣島は伝統文化とスポーツで盛り上がります。

八重山の「やきもの祭り」毎年テーマが変わるから見どころです!

やきもの祭りとは、

石垣島をはじめ八重山の離島から、やきものを出店。

毎年、出店する場所は、石垣市民会館で12月に開催されます。

各陶芸家のやきものが1箇所に集結する見どころが豊富!各お店から出店し、一同に会するお祭りは、毎年やきものを展示するテーマを変えています。

その年によってテーマが変わります。動画は別年に開かれた「焼き物お皿」がテーマでした。2019年12月1日は「酒器」がテーマです。

過去のやきもの祭りを知りたい方はFacebookページにてご覧いただけます。

1位を目指すツワモノ揃い【GREAT EARTH石垣島ライド125Km】

風を切って疾る自転車好きな方は必見です!各字・地区の代表が日頃の成果を出す大会。石垣島をはじめ、八重山で1位を目指します。

参加者募集しています。

※2019年は、12月8日(日)開催。

詳細はホームページにて情報掲載中≫【公式】GREAT EARTHはこちら

どちらも上旬に開催されるので、12月ならではの石垣島イベントをお楽しみいただけます。けど、イベント目的だけでなく遊びたいですよね?

石垣島といえば夏のイメージがありますが、12月にもなれば海の中がキレイという事実を知っている人は少ないです。

「12月は寒いからアウトレジャーを楽しめるような気温ではないはず。。」そんな風に思っていませんか?

以外に楽しめる遊びって参加してみないとわからないことばかりですよ。ちょうどこんな遊び方が狙い目です!!

まだ泳げる?12月のシュノーケルとダイビングツアー!石垣島PR情報局『限定特典あり』


※画像クリックで詳細情報がみれます。

この時期は泳げますし、どこのマリンショップも空いています。思いっきり島時間を満喫できるチャンスでもある。

12月のメリットは、海の中がキレイなのでフォト狙いのシュノーケル&ダイビング押し!特にダイビングは潜れるのでキレイな海の中で思い出作りはいかがでしょうか?

ちょうど、石垣島PR情報局ではBreeze石垣島ダイビングサービス15thキャンペーン『特典をプレゼント』しています。

 

 

12月のシュノーケル&ダイビングは本州とは比較にならないぐらいあたたかいです。年中楽しめるマリンレジャーは、主にシュノーケル&ダイビングの海中体験ですね。

基本的に12月はシーズンオフなので、マリンショップも限られてきます。あとは、レジャーサイトから好みのショップを選んでいけばOK!

では、いざ石垣島に訪れたらどれぐらいの寒さなのか気になりますよね?

『水温・気温』に応じた『12月の服装』は何を選べばいいの?

確かに真夏と比べたら水温は下がります。いくら南の島とはいえ、石垣島は北風が強くブルブルっとした肌寒さはあります。でもシュノーケルやダイビングをすすめるぐらいですから、海に入れないわけではないんです。

石垣島の年間水温の目安

海の教室:気温・水温・Wスーツと服装の目安 [ 石垣島 ]https://umikyo.com/travel/temperature/

表をみて分かる通り、

  • 最高水温24.0
  • 最低水温22.0

海に入った直後は寒さを感じますが、海の中は風がない分、肌が水温に慣れていきますので安心してツアーを楽しめます♪

重要なのは気温ですね。

  • 最高気温26.4
  • 最低気温11.5

北風は肌寒いのでオススメの服装はウィンドブレーカーがあると快適です。

とはいえ、マリン以外の観光が気になる方はこれです。

【寒さ対策】12月の石垣島観光編「雨の日OK」

ユーグレナモール

雨の日や施設内で観光体験したい人向け。

ポイントでまとめました。以下の観光施設がオススメです。

雨の日観光編その1:石垣島鍾乳洞【神秘体験】

オススメは20万年前の自然の神秘!『石垣島鍾乳洞』トトロのような鍾乳石は必見です!

石垣島鍾乳洞で合わせて遊べるポイントは、

  1. 体験型シーサー手作り
  2. ストラップ作り体験
  3. 食堂でランチタイム

神秘体験だけでなく、 ゆっくり過ごせすお得な遊びが豊富です。お土産にもいかがでしょうか?

雨の日オススメ観光ツアー

 

雨の日でも、モノ作りに特化したお土産品を作ってみませんか?

雨の日観光編その2:手作り体験型【お持ち帰りOK】

どんな手作り体験ができるのか?

  1. 琉球ガラスにアートデザイン
  2. 南国らしいオリジナルキャンドル作り
  3. サンゴフォトフレーム
  4. ミンサー模様の手作りブレスレット
  5. 夜光貝アクセサリー
  6. 伝統工芸ミンサー手織り体験
  7. 手作り石鹸など

この機会にぜひチェックしてみてくださいね。12月なら観光もオフシーズン真っ只中です。落ち着いた島時間を満喫できます。

雨の日観光編その3:伝統文化と芸能体験


※画像クリックで詳細情報がみれます。

せっかくの石垣島観光ですので、伝統文化を現地で体験してみてはいかがでしょうか?

伝統文化と言っても様々なので具体的に紹介しますと、

  1. 島の食べ物を体験する
  2. 三線を弾いてみる
  3. 芸能を見るなどなど…

雨の日でも楽しめる石垣島を知ったらまずはレジャーサイトで情報収集してみよう!

以上で雨の日体験観光の紹介でした。

12月の石垣島まとめ

新石垣空港

「石垣島で遊んだことないけど、」という観光で訪れる方に向けてお伝えしました。

特別12月に限って楽しめるのはイベントです。夏はどうしてもビーチ遊びが多いので体験型の遊びはパッとイメージできない方でも情報を得ることができたと思います。

寒さは意外としんどくないですよ。上記でもお伝えしたようにシュノーケルやダイビング目的ならウィンドブレーカーを着ていればちょうど良いぐらいです。

街を散策するならパーカーがベスト!太陽がでている日は暑い時もあるので長袖シャツでも充実できます。

イメージしやすいように服装だけでも紹介して終わりにします。

 

ザッくりした紹介でしたが、ここから先は年末年始を石垣島で過ごす人だけ目を通した方が良いです。

12月の石垣島、最後まで楽しみたい人向け

 

先ほども言いましたが、年末年始を過ごしたい人だけ目を通してください。

それ以外の方が読んでも価値は感じないかと…。

【年末年始イベント】タイプ別で教える宿泊すべき9つの石垣島ホテル

多分、年間通して1番盛り上がる時期です。その中でも現地人の石垣島PR情報局webライターが年末年始イベントに基づいた9つのホテルを厳選紹介しました。

イベント内容はポイントで伝えているので分かりやすいかと。

全て自分で決めるよりも航空券からホテル→観光までお得なセットプランに魅力を感じる方はこちらの記事を参考にしてください

年末年始!ANA往復航空券で石垣島に格安で行く方法レンタカー付き

 

※本記事は他サイトの情報を参考にしたものや現地で体験された時点の情報であり、正確性を保証するものではございません。最新の情報は各スポットの連絡先までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です