YouTubeチャンネルはこちら

猫と触れ合える石垣島体験工房!クラウドファンディングへの想い

『アトリエ ルポ』は、猫と触れ合いながらシーサー作りを体験できます!

猫好きな方に人気があり、石垣島の中でもニッチな工房です。

クラウドファンディング(CF)を始める際のポイントや、メリットなど体験談をもとにオーナーの山田さんに取材しました。

「CFは支援者にとってお得なの?」「お客さんに認知されるの?」と考えている施設内で体験型サービスを運営している方は特に必見です!

[記事内]

「体験工房に聞く」クラウドファンディングで得られるメリット

プロフィール

山田 恭子(やまだ きょうこ):2006~2009年まで米子焼きでシーサー作りを学ぶ。2012年に工房まるるを開業後、自分がやりたいサービスを確立する為に2020年アトリエ ルポへ移転。

しかし、コロナ禍で6月末まで自粛。売り上げが全く無い状態から…。

アトリエ ルポの体験を基にクラウドファンディングをやるべき理由と支援者が得られるメリットについてインタビュー形式で解説します。

チェックポイント
  1. CFは支援金を集めるだけじゃない
  2. ローカルな体験工房がCFをすると相乗効果がある
  3. CF以外で、自分のやりたい事が明確になった
  4. お客さんは最大2000円お得な未来チケットをGETできる

当記事は、観光で訪れる方と、石垣島でクラウドファンディングを試みている方に向けた両方の視点で書いています。

編集長 ヨギ
山田さん、休業中のところ取材を引き受けてくださりありがとうございます!
アトリエ ルポ:山田さん
こちらこそお忙しい中、取材を提案していただいて嬉しいです!
緊急事態宣言が解除されてはいるが、施設内サービスの場合、三密の回避ができない為、休業という形をとっているとのこと。
早速ですが、クラウドファンディングを始めたキッカケはなんでしょうか?
もともと登録していたレジャー予約サイトの担当者からアドバイスをいただいたのがキッカケです。

興味があったので日本でも有名なCAMPFIREに登録しました。

支援金を集める目的にCFを利用される方が一般的だと思うのですが、、アトリエ ルポの場合、登録されたのはどんな理由がありますか?

クラウドファンディングは支援金を集めるだけじゃない

登録しようと調べたからわかったんですが、CAMPFIREを見ているユーザーが思っていた以上に多いことが分かったんです。

それに伴って、ネットで発信をすることがお店の認知度も増やせるのかな?って閃きました。

つまり、石垣島に関心がない方も含めて、アトリエ ルポをアピールできると思ったんですね?
はい。これまでネットで発信することを本格的にしてこなかったので自信は無かったんです。。

だけど登録に必要な準備さえしっかり用意しておけば、有り難いことに支援していただけるようになりました!!

【ネット初心者でも簡単登録】CAMPFIREに相談できます

CAMPFIREのスタッフさんが無償でメールの対応してくれたのでめっちゃ助かりました!ネットに弱い私でもできたので、ぜひ相談して欲しいです。
申請する際に、山田さんはご自分でリターン品を考えたのですか?

可愛すぎるリターン品は「社長と専務」?!

もともと物作りが好きでシーサーの体験工房をしていたのが活きてきました。

下記の品をCAMPFIREに登録しています。

リターン品
  1. 「専務:ぽえ」と「社長:くくる」の顔写真入りTシャツorトートバック
  2. 最大2000円お得になる無期限の未来チケット
  3. お得な福袋

※支援金の一部は、保護猫のボランティア活動に当てる予定です。

これらを小分けしてお客さんに喜んでいただけるような20のリターン品を用意しています。

ちょっと突っ込んでもいいですか!?

社長と専務の顔写真Tシャツを誰が欲しがるんでしょうか??

ヨギさん。。

社長と専務は、うちで飼っている猫ちゃんたちです(汗)

それがこちら↓↓↓

リターン品のTシャツ
(なるほど・・これは欲しいくなるなぁ。)

【支援者限定】物作りが好きな人は必見です!

通常の営業ではリターン品と同じサービスはしていないのでしょうか?
完全にクラファン専用サービスとなっているので、期限が終われば支援された方のみ提供しようと思います。

限定品の為、早めの支援をオススメします。

それから、支援していただいたお客様には、私が直接発送します。わざわざ店舗まで訪れる心配もないので安心してください。
それは有り難いですね〜。

≫発送する月はこちらで確認できます。

【成功事例】アトリエ ルポの集客術|クラウドファンディング編

「登録して、はい終わり」だと認知されにくいと思ったので、

webサイト
SNSの拡散
口コミ

で広げていかなければ、みてくれないと思うんです…。

それで、反響はありましたか?
お陰様で、石垣島PR情報局さんにアトリエ ルポをTwitterで拡散していただいた結果、特注が入りましたw
これは僕にとってもひじょうに嬉しい言葉です。良かったですよ!
教えていただいたSNSの活用方法で投稿しています。

CFをやるからには、正しい集客は必須なんだな〜と感じました。SNSだけでも奥が深いですw

具体的に、どういった工夫をされたのかお聞きしても良いですか?
うちは猫とお客さんが触れ合えて、シーサーが作れるメリットがあります。

SNSでは猫とシーサーを一緒に映すことで多くの人の目に留まります。

やっぱり生き物って、動きがあるのでユーザーから愛着が湧きやすい印象も受けました。それから文字を入れることで、一つのアートになります。これも評判が良くて「いいね」が増えました♫

CFを通して、多くの学びが得られたのは貴重な体験です。

きっと、この記事を読んでいる体験工房の方にも成功事例として参考になると思いますよ。
大したことはしていないのですが…(笑)

「まずはやってみた」という体験があるので、それをもとにお伝えできることはあるかなって感じですw

 

今後、新しい取り組みの予定はありますか?

「出会い」と「将来やりたいこと」が得られた話

今回のCFがキッカケで、私が実現したいことが頭の中で整理できました。これを成すにはネットが必要不可欠です。
具体的にネットを使うとなにが得られそうですか?
今回の石垣島PR情報局さんとの出会いはすごく貴重になっています。

私が今後やっていきたいことがwebサイトを構築していくことで実現できそうな気がします。ここから先は事業秘密で!(笑)

なるほど、では今後の発展を楽しみにしています!

石垣島からクラウドファンディングを始める方へ「全ては行動です」

クラウドファンディングを試みようと考えている人に向けて、どんなことを意識したら良いと思いますか?
やってみないとわからないことばかりなので、まずは登録の行動に移することを始めたら良いと思います。

そこから見えてくる世界は、新しい発見があります。

私の場合、CFは資金集めだけで無く、未来のお客さんと繋がる場所だと分かりました。そこからコミュニティも広がります。

サービス向上の可能性もグンっと広がるので、最後は「ポジティブな人がチャンスを掴むんだ」と心から感じました。

すごく、気持ちが伝わりました。。

これはCFを検討されている方、全ての人に当てはまるメッセージだと思います。

私の場合、行動したからこそ石垣島PR情報局さんに取材もさせてもらえているのでw
確かに、山田さんが取り組んでなければ今回の企画もなかったかもしれません。

最後に、この記事を読んでいるユーザーに向けてメッセージをお願いします!

結論:クラウドファンディングは『ゆいまーる』の場所だった

・・・やっぱり動いてみないとなにも始まらないと思います。

サービスする側が動くからこそ、お客さんが来店しやすくなるし、お客さんが来たら人の和が広がると改めて分かりました。

人の和とは、つまり・・・
沖縄で言う、「ゆいまーる」精神ですかね。

石垣島もコロナの件で、ゆいまーるが大きな活躍をしたと感じています。ネットを例にしていうと、クラウドファンディングは、ゆいまーるサービスに適したサービスだと感じました。

・・・・・・
なんだか偉そうなことを言っていたらすみません。。

石垣島でクラファンを体験した人の勝手な独り言だと思っていただければなと・・

・・山田さんは、石垣島の方ですか?
いえ。私は青森出身で移住歴15年目に入ります。。
そうでしたかぁ。個人的に、今回の山田さんとのインタビューで、僕も石垣島民として、いろいろと気づかされることがあります。
どんな気づきですか?
これから整理して個人的にお話をさせていただきます。最後になりましたが、取材をさせていただき、ありがとうございました。
こちらこそ、ありがとうございました。取材が終わった後、ぜひお話を聞かせてほしいです!今後ともよろしくお願いいたします♫

※本記事はアトリエ ルポの代表:山田さんを取材した時点の情報であり、正確性を保証するものではございません。最新の情報はCFからお問い合わせください。

シェアしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

編集長 與儀(よぎ)地域WEBマーケター
石垣島PR情報局の編集長を勤めている與儀(よぎ)貴志と申します。 石垣島の全ての魅力を石垣島PR情報局のスタッフが現地人の視点からお伝えしております。当サイトで紹介してほしいお店、観光地などあれば取材させていただきます。 お気軽にご相談いただけますと幸いです。