【朗報】ググるからタグるの時代へMachiTagスポット探し【石垣島編】

「場所がわからないならググれば?」

という言葉はもはや一般化されましたが、

こうやって記事を閲覧しているあなたはネットで石垣島を調べることが当たり前になっているのも事実ですよね?

そして、現代は新しい情報が無限のように溢れ出し、淘汰され、生き残ろうと、私達に需要を与えたSNSに「新しい革新」が起きている事実に気づいていますか?

それは、

「行きたい場所を探すならタグれば?」

この言葉の意味を知らないままでいれば、時代の波に乗るチャンスを逃すことになります。

MachiTagを作った人のインタビュー記事を読めば理解しやすいです。

【#】タグるとは?

街中の様子

提供:MachiTag

SNSのサービスにある『#(ハッシュタグ)』は定番中の定番!中でも人気のあるInstagramを利用されている方なら#を使いますよね?

しかし「ハッシュタグ」とは言うけど、「タグる」とは誰も言いません。このタグるとは、タグ付けのことを指します。

例えば、

『#石垣島 #石垣島旅行 #石垣島のビーチ』のことをタグ付けと言います。タグ付けを知っている人も知らない人も参考までにタグる』の使い方を読めば簡単に理解できます。

ココまでは、SNSを活用されている方なら誰でも知っている情報。

そして、『タグる』というキーワードはMachiTagが名付けた愛称ですが、

そもそもMachiTagとは?

MachiTagのシンボルマーク

提供:MachiTag

『MachiTag』とは、ソーシャルロケーションサービスです。

結論を言うとMachiTag(街タグ)とはマップのことで、街にタグを付けてスポットを検索するサービスです。検索方法は『GPSと地図からスポットを探せます。』

「どこでも気軽に簡単に行きたい場所を探せますよ。」

ザックリ言うと『GoogleMAP×#』を融合させたイメージですね。
↓↓↓

上記の写真のスポットは石垣島最大級の交差点『730交差点』です。

赤で囲んだ『タグ』のカテゴリー内の左上にある『#ショッピング』をタグると…
↓↓↓

もう1つ、730交差点以外に石垣島のショッピングに関連した『730COURT』が表示されました。タグ付けは自分でも無限に付けることができますよ♪

また、オリジナリティのある『ユニークタグ』を使う場合、例えば「 #730COURTの不思議 」などを活用して自分たちだけのタグ付けをして便利に使えますよ〜!

参考までに『ビッグキーワードタグ』と『ユニークタグ』の使い分け方について記載しています。個人的に、GoogleMAPと比較すると、MachiTagの方がコンパクトでスポット探しに便利です。

また、詳しい石垣島のスポット情報にURLリンクを載せています。石垣島のスポットに関しては、石垣島PR情報局が体験・取材してきた信ぴょう性あるスポット情報を掲載しています。

ここまで読まれた方に、

石垣島でMachiTagを使う『4つのポイント』を教えます。

MachiTagのポイント石垣島編
  1. “石垣島PR情報局”のタグを検索すると、現在地から近い順にスポットが表示されます。
  2. 地域のローカル情報が集まっている為、地元の目線で本当に良いスポットが見つかります。
  3. 不慣れな場所でも、地元民の様な視点で場所探しができる!
  4. 詳しいスポット情報を知りたい時はMachiTagのURL欄に石垣島PR情報局のスポット記事のリンクを載せています。

こんなポイントがありますが、まだ使ったことがないのにイメージできませんよね?

であればMachiTagで行きたい場所を、もっと楽しく簡単に知ることができます。

ここまで読まれた方は実際に、アプリ登録を済ませてMachiTagを活用してみよう!

MachiTagに登録して石垣島スポットを快適に!

琉球観音埼灯台の吾妻屋

上記のリンク先にあるMachiTagでアプリ登録した方は、いきたい場所がすぐに探せるようにスポット登録しておくこともオススメです!

MachiTagは自分でスポット登録もできる!【簡単です】

スポット登録の方法を先に知っておけば使い方が早くなります。

リンク先はMachiTagが提供する情報なので、わかりやすいですw

手順とコツ!MachiTagまとめ

さっそく、MachiTagを実際に使ってみたい方は『MachiTagまとめ』から知ることができます。

一通り理解できた方は実際に、

【#石垣島PR情報局】をタグれば各スポットを表示できます【シンプル】

石垣島に旅行へ出かける際は、ぜひMachiTagで検索してスポット巡りを楽しんでくださいね♪今後もスポット登録を増やしていきますのでお楽しみに〜!

MachiTagを開発した人のインタビュー記事を読めば魅力がさらに深まります。

※本記事の情報は他サイトの情報を参考にしたものや現地で体験された時点の情報であり、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報は各スポットの連絡先までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です