石垣島にマングローブ地帯!宮良川のヒルギ林を散策&カヌー観光!

 

「石垣島の植物を観察したいんだけど、マングローブて何ですか?」

「ツアーしながらマングローブ観察ができるなら利用したいけど、どこがいいかな?」

「ビーチだけじゃなくて緑の自然も体験してみたい!」

 

上記の悩みを解決する回答がこちちらです。

  • マングローブとは、植物ではなく植物の総称ですよ。
  • カヌー・カヤック&SUPツアーを体験しながら石垣島の緑の自然を堪能できます。
  • 無料で植物に触れながらマングローブ観察もできますよ。

 

こんな悩みが少しでもある方は、宮良川のヒルギ林がオススメ!

実際に現地に訪れた石垣島PR情報局スタッフが、宮良川のヒルギ林をお得に楽しむ方法をご説明します。また、最低限知っておきたい基本情報を先に読みたい方はこちらからご覧いただけます。
↓↓↓
最低限知っておきたい基本情報はこちら!

上記の3つの回答を深掘りしていきます。まずは、カヌー体験をしている様子をご覧ください。↓↓↓

宮良川について

これが島内最大の河川として知られる宮良川です。動画を見た方はジャングルのような冒険をイメージできたのではないでしょうか?

自然が築いたビーチにはない体験ができますよ♪宮良川の魅力の1つ!マングローブに人気の秘密があります。その魅力について見どころを紹介します↓↓↓

宮良川のマングローブについて

宮良川のマングローブは、オヒルギ、メヒルギ 、ヤエヤマヒルギ の3つが自生しています。

自生している大きさは35.40平方㎞の大群落!この3つのヒルギが連なる群落 を称した名が『ヒルギ 林』といいます。

『宮良川のヒルギ 林』の碑文を引用したものがこちらです↓↓↓

天然記念物 宮良川のヒルギ林
昭和47年5月15日指定

「宮良川のヒルギ林」は宮良川の河口から上流の両岸1,500mにわたって発達し、その面積225haで、メヒルギ、オヒルギそしてヤエヤマヒルギなどの種類を中心としたヒルギの大群落であります。

また、指定地内には前記の種以外にハマナツメ、カカツガユ、ヒメガマ、オキナワシャリンバイ、サルカケミカン、アダンなどもみられます。

ヒルギ林は熱帯から台湾、沖縄を経て鹿児島県まで分布し、海岸や河口などの泥地に成林する特異的な群落です。
本地域は石垣島の代表的なヒルギ林として指定してあります。

なお、この地域において許可を得ることなく現状を変更し、または、保存に影響を及ぼす行為をすることは法律で禁じられています。

文部省
沖縄県

マングローブについて簡潔にお伝えしますと、

マングローブとは、植物ではありません。石垣島のような亜熱帯気候に海水が満ちてくる場所に植物が生えてくる、この植物をまとめた総称をマングローブといいます。

続いて、マングローブと宮良川のヒルギ林についても同様に、簡潔にお伝えしていきます。

 

石垣島ならではの植物!宮良川のヒルギ林が人気な理由

碑文を読まれた方はご存知の通り、天然記念物に指定された宮良川のヒルギ林とマングローブの意味はザックリご理解いただけたことでしょう。

宮良川に自生しているマングローブは、ヒルギ といわれる植物が主に自生しており、それが林のように広がっていることからヒルギ林と呼んでいます。

宮良川のヒルギ林は島内で最も広大な林一帯になっており、限られた場所に自生する特異生態として知られています。

日本でマングローブが自生する限られた場所は、沖縄を中心とした亜熱帯気候をはじめ、九州では鹿児島県に自然分布しています。

しかし、ここまでヒルギ 林一帯は珍しいことから、『宮良川のヒルギ林』という名称で天然記念物に指定されました。

このヒルギ 林一帯を眺めるポイントは、入り口手前の「みやら橋」から一望できますよ。一望された後はヒルギ 林を散策してみましょう!

【取材済み】宮良川のヒルギ林を散策紹介!

散策するにあたって快適に楽しむ方法をお伝えします。

宮良川は地面がぬかるんでいますので、歩くたびに足がとられます(汗)そのため通常の海辺の散策よりも歩きづらく、足元には注意が必要!

快適に散策するのであれば、ゴムの長靴などが良いでしょう。あまり気にされないのであれば、島ぞうりでも問題はありませんが、歩きづらいのは理解した上で訪れてくださいね。

実際に散策される方へ、宮良川に生息する植物も紹介していきます。

トントンミー

マングローブ一帯まで訪れると淡水に生息する生き物、トントンミーは定番に見かけることができますよ!飛び跳ねながら移動するからこの名がついたとか。

※トントンミーとは、沖縄方言で『ドビハゼ』の意味。

シオマネキ

シオマネキも見かけます。片方のハサミが大きくて特徴的なカニの一種です。

稀に穴から顔を出すときは可愛らしい!

この2つの動物は近づくと離れてしまうので、観察には不向きですが一眼レフカメラがあればキレイにシャッターチャンス!旅の思い出にできますよ!

オヒルギの芽

こちらはオヒルギ の芽。3種類のヒルギは芽の出し方もそれぞれ異なりますので記念に3つのヒルギ の芽を撮影してみてはいかがですか?

メヒルギ の芽

写真はメヒルギ の芽。風が強い日はキレイにカメラに収められませんが、限られた場所にしか芽を出さないので、頑張って撮ってみてくださいね♪

林の中も覗くことができるのも散策の見どころ!

天然記念物なので、強引に中に入って見るのは気が引けますが、撮影では林に囲まれたジャングルの景色を捉えることができます。この林の中はオヒルギ一帯が無限に広がっているような神秘的な場所です。

このように橋の上とは違った角度でお楽しみいただけますよ!


写真はイメージ画像です。

宮良川のヒルギ林が人々に与える影響は自然が築き上げたマングローブ観察!そこを優雅に散策できるエコツアー!!カヌー&カヤックが只今人気上昇中です!

自然の空気でエネルギーをチャージしたレジャー感覚をお楽しみいただけますよ!

 

口コミ話題の1つ!宮良川をカヌー&カヤックツアーで観光しよう!


※画像クリックで詳細情報がみれます。

宮良川のカヌー&カヤック探検は森林に囲まれたマングローブ観察!

最大の魅力は非日常の石垣島の自然をパドルを漕いで前進する新感覚そのものが心を動かします。

二人三脚でパドルを駆使するのは旅の思い出にオススメ!カップルは大好きなあの人と距離を縮める為のツアーでもあります。「自然と育む」を「自然とあの人と育んでみてはいかがでしょうか?」

【マングローブカヌー・カヤック】遊びながらマイナスイオンをチャージできる一石二鳥ツアー


※画像クリックで詳細情報がみれます。

実際に宮良川のカヤック・カヌーツアーを参加された方の評判を見てみましょう。

6歳の息子と3人で参加しました。

似た様なactivityは沢山あったのですが、息子がやりきれるのか心配という事もあって時間も短く少人数での開催のやまんぐぅ~さんに決めました。

インストラクターの方がとても親切で気遣い上手で良かったです。子供の様子を良く見て、声をかけたり説明したり色々見せてくれました。干潟散策で蟹やハゼ、洞窟でコウモリをみたり飽きずに大人も子供も楽しめました。とってもおススメです!

凄く楽しかったです! ありがとうございました!

引用:口コミ(じゃらんnet) 

実際、宮良川の遊び方はマングローブをはじめ、サンセットツアーもあります。あなたのお好みで選んでみてはいかがでしょうか?

最低限知っておきたい!宮良川のヒルギ 林の基本情報(橋の場所・地図を行き方こみ)

[宮良川のヒルギ林の基本情報]

1 名所/宮良川のヒルギ林

2 郵便番号/〒907−0001

3 住所/沖縄県石垣市大浜

4 営業時間/なし。

5 オススメの遊び方

①マングローブ観察

②宮良橋から眺める宮良川の情景

③カヤックツアー

④フィッシング

6 宮良川のご利用料金/個人でマングローブ観察・フィッシングなどは無料※ツアー有料

7 課電話番号/0980−82−1535(石垣市役所観光文化課)

8 FAX/0980ー82−1911

9 設備/なし。※お手洗い・更衣室・ロッカー・販売機などはありません。

・周辺にはトイレ・飲食店・売店なし。長居される方は、駐車場前に椅子が複数ありますので、弁当などの持参がおすすめ!ゴミ箱はありませんので、お持ち帰りするように、ご協力お願いいたします。

10無料駐車場/約4台駐車可。

こんな方に訪れてほしい!

亜熱帯気候特有の大自然を満喫されたい方!

・自然が生んだマングローブ観察を楽しみたい方!

自然が好きな方は訪れてみてくださいね。

見どころ!

・マングローブの

・3種類のヒルギ林の特徴を直で観察

・淡水に生息するトントンミー(トビハゼ)やシオマネキの観察

みやら橋から一望するマングローブ一帯の景色

・↓↓↓グーグルマップ/宮良川のヒルギ林の詳細マップ

ひと気の多い場所から宮良川のヒルギ林の駐車場までの最短アクセスルートを紹介

亜熱帯特有のマングローブ宝庫!宮良川のヒルギ林までどのルートで行くのか?

 

分かりやすくひと気が最も多い新石垣空港・離島ターミナル・市街地中心地であるユーグレナモール(お土産市場)

3スポットから宮良川のヒルギ林に向かう最短アクセスルートをグーグルマップで表してみた。スムーズにたどり着けるようあなたの手助けになれたら幸いです。

↓↓↓グーグルマップ/新石垣空港→宮良川のヒルギ林の駐車場/車

[新石垣空港→宮良川のヒルギ林駐車場の基本情報]

1 アクセス時間/新石垣空港→宮良川のヒルギ林駐車場まで約11分

2 距離/約7.7㎞

3 タクシー予算料金/約2020円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金でございます。実際に掛かる料金表を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/離島ターミナル→宮良川のヒルギ林駐車場/車

[離島ターミナル→宮良川のヒルギ林の駐車場までの基本情報]

1 アクセス時間/離島ターミナル→宮良川のヒルギ林の駐車場まで約15分

2 距離/約7㎞

3 タクシー予算料金/約1840円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金でございます。実際に掛かる料金表を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/市街地(ユーグレナモール)→宮良川のヒルギ林駐車場/車

[市街地(ユーグレナモール)→宮良川のヒルギ林の駐車場までの基本情報]

1 アクセス時間/ユーグレナモール→宮良川のヒルギ林の駐車場まで約13分

2 距離/約6.5㎞

3 おおよそのタクシー料金/約1780円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金でございます。実際に掛かる料金を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

観光バスで楽む!宮良川のヒルギ林と石垣島の人気スポットツアー

「宮良川のヒルギ林も他の観光スポットも楽しみたいけど、時間が惜しい。。」という方へ。参考までに観光バスツアーを選ぶべき話を読めばコスパよく宮良川のヒルギ林を含めた石垣島観光を楽しめます。

ツアー内容の詳細はこちらからどうぞ石垣島オプショナルツアー

Bコースは宮良川のヒルギ林は含まれておりません。観光バスをご利用される方は宮良川のヒルギ林を巡れるAコースをお選びくださいね。

宮良川のヒルギ林を目的に路線バスをお考えの方へ

市街地にあるバスターミナルからバス停(宮良橋)までのアクセス時間と料金は下記の問い合わせ先からお伝えします。

宮良橋のバス停から宮良川のヒルギ林まで徒歩約2分で着きます。※時間帯は多少変動があります。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/バスターミナルの詳細マップ

【石垣バスターミナル基本情報】

1 施設名/東(あずま)運輸株式会社

2 郵便番号/〒907−0012

3 住所/沖縄県石垣市御崎町3番地

4 TEL0980−87−5423

5 ホームページ/http://www.azumabus.co.jp/

 

【関連】マングローブだけでは物足りない!夕日&夜景、星空も望めるビーチが目の前!石垣島最大級の湾!名蔵湾は島の自然が1箇所にギュッと詰まった万能スポット!広大な湾の特徴を活かしたサンセットドライブコースはマングローブを照らす夕日を堪能できます!

※本記事の情報は他サイトの情報を参考にしたものや現地で体験された時点の情報であり、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報は各スポットの連絡先までお問い合わせください。

 

【関連】:宮良川のヒルギ林周辺の宿を別記事で紹介しています。

この記事を読めば、宮良川のヒルギ林以外に、宮良湾のオーシャンビューも望めるホテルを知ることができます。比較しやすくまとめていますので、サラッと読めます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です