【朗報】石垣島3大マングローブツアー「オススメの場所はどこ?」

吹通川のマングローブの様子

マングローブが好きな方向け、緑の自然が好きな方も含めて情報をシェアします。

 

マングローブて、ジャングルみたいになっている植物でしょ?沖縄にしか生えていないのかな…

日本では鹿児島県から南の沖縄地方の熱帯気候や亜熱帯気候にマングローブがあります。その数は30種類ものマングローブを見ることができるようです。

「マングローブを見たい」方は限られた地域に訪れるしかありませんね。

 

ガイド
ちょっと待って!

マングローブは生えないですよ。マングローブは植物の総称であって、植物ではありません。

マングローブ…植物じゃないんだ。。

じゃあ、マングローブにたくさん生えているあの木、そもそもなんですか?

ガイド
そうですね…

良い機会なので、石垣島の3大マングローブスポットを通しながら見どころもお伝えしますね!

この記事で得られるポイント
  • 石垣島のマングローブの魅力が深まります。
  • 石垣島の3つのマングローブスポットと特徴が分かります。
  • 自分が遊びたいと思うツアーがピンポイントで見つかります。

当記事では石垣島に焦点を当てて、マングローブを堪能していただけます。PR情報局webライターが現地取材をしてきた体験談を基に解説していきますね。

石垣島のマングローブについて

ガイド
まずはマングローブとは何か?ですよね。

繰り返しお伝えしますと、マングローブは植物の総称であり植物の名前ではありません。

簡潔に言うと、石垣島のような亜熱帯気候に淡水と海水が満ちてくる場所に植物が生えてくる、この植物をまとめた総称をマングローブと言います。

見どころは主に根っこにあります。

マングローブの根っこは網状になっており、タコの吸盤のように張り付いていますよね?

まだ見たことがない方は観察してほしいのですが、この根っこは呼吸根と言われ、他の木と比較した場合、大きな違いがあります。

通常、土から生えている木は根っこの部分から水分を養分に変えて成長しているのに対し、マングローブの根は大気中に根を出して呼吸することで大きく成長し、約20M以上のマングローブが国内でも成長し続けるんです!

ココが通常の木と大きな違いがマングローブですね!

マングローブの生態は理解できたけど、1つ1つの木も種類が異なったりするの?
ガイド
種類について、石垣島にはヒルギ と呼ばれる3種類の木が多いですよ。今回は、石垣島でも最も多い3つのヒルギの お話をしていきますね。

石垣島で最も数が多い【オヒルギ】とは?

マングローブの中でも10Mと高い方で、石垣島のマングローブもオヒルギが最も多く31箇所に生えていると言われています。特徴的なのは根っこがピョコと出ていますね。これがオヒルギの呼吸根です。ツアーをしていると、至る所に生えてるのが見て分かりますよ。

ガイド
飛び出している理由は、上記のマングローブについて解説した通りです。

芽が特徴的な【メヒルギ】

ガイド
メヒルギ の特徴は、芽にあります。

芽が地に落ちた後に、漂流してたどり着いた先にメヒルギ が誕生します。メヒルギ の「メ」は雌の由来からきています。成長した姿はヒルギ の仲間でも女性的な姿で写真映りもキレイですよ。

通称:タコの足?【ヤエヤマヒルギ】とは?

名前の通り、八重山を中心に生育するヒルギ で、石垣島には31箇所/西表島は64箇所と生育しているようです。

特徴は、マングローブを代表する根っこにあります。これが通称:タコの足とも言われており、吸盤のように地に張り付いているのが写真で分かります。

潮が満ちてくると吸盤の網の中にドビハゼなどの生き物が外敵から身を守るためのシェルターの役割を果たしています。主にマングローブに関心を寄せて体験ツアーをされる方はヤエヤマヒルギ を目的にツアーされるとかw

ガイド
八重山ならではの植物をこの機会にじっくりとガイド付きで観察されてみてはいかがでしょうか?
なるほど…石垣島ではヒルギ の植物が育ってマングローブになっているんですね。
ガイド
主にヒルギの植物 が育っていますが、他にもドビハゼやシオマネキなど小動物も生息していますよ。

マングローブに生息する動物たち【石垣島編】

ドビハゼて、確かハゼの仲間でピョンピョン飛び跳ねる愛嬌のある魚のことですよね?!
ガイド
そうです!ちなみに、ドビハゼは沖縄の方言でトントンミーと一般的にいわれいますよ♪
シオマネキも知っています!片方だけハサミがデカイくせに体はちっちゃくて可愛いですよね(笑)
ガイド
マングローブは知らないのに動物のことは良く知っていますね(笑)
私、マングローブは好きなんですけど、植物だと思って勘違いしていただけです(汗)
ガイド
気にしないで。マングローブが植物だと思っている人は実際、よくいます。ガイドする甲斐があって説明するのが楽しいんですよ♪
良かったです〜!マングローブのこと、いろいろ教えてください!!
ガイド
もちろん!では話を戻して、シオマネキは外敵から自分を守るために地に穴を掘っています。人が近づくと一斉に穴の中に隠れる特徴もありますよ。
あ、その様子見た事ありますよ!

穴の前でしばらく2〜3分動かず、じーっと待機しておくと穴からひょっこり顔を出すので隙を見つけて写真を撮ったりしました!

ガイド
良い遊び方を知っていますね(笑)

この小動物を捕食する目的に、水鳥や絶滅危惧種に指定されているカンムリワシも石垣島のマングローブを休息場所として豊かな食料場にしている事実は知っていましたか?

今、その事実を知りました。。

ということは、バードウォッチングを目的に訪れる人たちもいるって事ですね?マリンツアーとは別に…

ガイド
そういう遊び方もありますし、これをツアーサービスしているショップもあります。

ただ、もっと重要なのはこういった自然環境をそのままの状態で後世に残していくために、これから紹介する石垣島3大マングローブを事前に知っておく事で体験ツアーの魅力が深まりますよ!

【3大マングローブ】石垣島を代表する場所はここ!

宮良川のヒルギ林吹通川のヒルギ群落天然記念物に指定されています。

やっぱりそうなんですね!あれだけ広大な自然が育つと自然保護の対象になるのも理解できます。
ガイド
詳しくは宮良川のヒルギ林のスポット記事吹通川のヒルギ 群落のスポット記事に魅力を載せていますので、チェックしてみてね!

名蔵湾に関しては、名蔵アンパルというスポットがあり食物連鎖を絶たない為にもラムサール条約に登録されていますよ!参考までに名蔵湾の記事にラムサール条約も解説しています。

次の見出しで、3つのマングローブスポットの魅力と現地スタッフがオススメできるツアーを解説しています。

広大な名蔵湾の遊び方

石垣島で最も広大な湾が名蔵湾です。

マングローブエリアの中でも見晴らしを活かした遊び方は、青い海、青い空の下で優雅な体験ツアーが選べますよ!それがSUP/カヌー&カヤックツアーです!!

ガイド
個人的にオススメな遊び方があるので紹介しますね。


※画像クリックで詳細情報がみれます。

名蔵湾は南西の位置にあるので、3つのマングローブスポットの中でもサンセットが最も美しいと評判が高いんです!つまりオススメはサンセットツアーですね。あとは、自分のお好みで乗り物を選ぶだけ!

レンタカーの方は、敢えて名蔵湾沿いを走れば、サンセットドライブコースも楽しめますよ♪

うっとりするような美しい景観に酔いしれてみてください。カップルの方にオススメです。

名蔵湾のマングローブツアーを体験したい方はこちらからご覧いただけます。

ヒルギ 林は石垣島最大級【宮良川】なら立地よし

宮良川のヒルギ林の河川は石垣島最大です!さらにヒルギ 林としても最大級なので、この景色を宮良橋から一望できます。

やはり林という特徴を活かして周りをぐるりと移動しながら観察できるマングローブツアーが鉄板です!

さらにフィッシングカヤックツアーもサービスも充実しています!こちらは釣れた魚はお持ち帰りOK!夕食は居酒屋などで刺身にしてもらえるので、遊びと食を堪能できます♪

 

また、宮良川のヒルギ林はマングローブ地帯の中でも空港から1番近い距離にあります。市街地向けに公道を走らせば必ず目の前を通るので、効率的に楽しむためにも市街地に向けて走らせる方は是非立ち寄ってほしいスポットですね。

宮良川のヒルギ林ツアーを別記事にまとめました。体験したい方はこちらからどうぞ。

【秘境のマングローブ】吹通川のヒルギ 群落

石垣島最大級のマングローブは吹通川のヒルギ 群落という事実はあまり知られていません。場所は北部にあります。北部は閑静な区域になるので、自然遊びが心地いいですよ!

ガイド
吹通川のツアーには縁が結ばれると噂される滝のポイントがあります。なんだかロマンがありますよね?

ジャングルといえば秘境ポイントが魅力的!移動だけじゃ物足りない方にオススメです♪

吹通川のヒルギ 群落の体験ツアーはこちらでご覧いただけます。

マングローブスポットの知識をもっと深めたい方は訪れる前に、このあたりの記事を参考にして読んでください。現地取材したのでわりと魅力を感じやすいと思います。

ガイド
上記のスポットの魅力を詳しく知ったら当然遊びたくなるのは自然のこと。ですよね?

あとは何が楽しそうで面白そうなのか?体験してみたい気持ちも分かっていますので、安心してください。

石垣島のマングローブツアーを選びやすくジャンル別に分けてみました。

石垣島のマングローブツアー!好みの遊び方は4つから選べる話【時間帯も含む】

石垣島マングローブの遊び方
  • マングローブ観察
  • カヌー&カヤックツアー
  • マングローブフィッシング
  • SUPツアー

代表的なのが4つの通りです。これを時間帯で決めると、

  • サンセット&ナイトツアー・・・夕日と星空の景色をメインに楽しみたい方向け。
  • マングローブツアー(日中)・・・ジャングル冒険を楽しみたい方向け。

ポイントは時間帯と好みの遊び方を選ぶ、これだけです。

【無料の魅力】まずはマングローブ観察から

基本的に無料で散策する感じ。マングローブを見てみたい人はこれだけで満足しますよ?

触れることもできますが、天然記念物に指定された区域は自然保護されていますので控えめに(汗)

楽しみ方のポイントは木を観察するだけじゃないですよ。

チェックポイント
  • マイペースでマングローブを隅々まで観察できる。
  • トントンミーやシオマネキなど生き物に触れ合えます。

遊び方は自由です。自分のペースで楽しみたい方は無料で訪れてみるのもアリ!特に初めての方は何もかも楽しめるのでは?と思います。節約遊びでマングローブの景色をご堪能ください。

【鉄板】マングローブ冒険はカヌー&カヤックから初める?

チェックポイント
  • 2人で1つのボートを駆使して冒険したい人向け。
  • 座った状態でまったりされたい人向け。
  • サンセットナイトツアーで2人の時間を大切に♪

まずはココからという意味でカヌー・カヤックが定番遊びですね。阿吽の呼吸で2人の息をピッタリ合わせて冒険を楽しむには打って付けです。カップルに人気!

寝てよし座ってよし漕いで良し!SUP派はどんな人?

チェックポイント
  • 1人旅や自分のペースで遊びたい人向け。
  • 安定したSUPでバランスをとるところから楽しめます。
  • ヒップ効果が期待できるので女性に人気!
  • サンセットナイトツアーで非現実世界を独り占め!

カヤックとは違い、立ったり座ったり横になったりできるので、慣れてきたらチャレンジできる、自分の成長も楽しめます!初心者も全く問題なく楽しめますよ♪

近年人気が出ているのでこの機会に体験してみていかがでしょうか?

カヌー&カヤック派か、SUP派で分かれますw

マングローブで釣りをするならカヤックは【必須】

チェックポイント
  • カヤックに乗りながら釣りができます。
  • 貸切のショップもありますよ!
  • 釣りポイントやコツもレクチャーします!
  • メインは釣った魚を召し上がろう!

マングローブカヤックで自然を満喫しながらフィッシングができる!川や海の上を優雅に浮かびながら極楽気分で釣りができる贅沢ツアーですw

カヤックだけ、釣りだけ、マングローブ冒険だけじゃなく、3点セットで楽しみたい方はこっちがお得ですね(笑)

「釣りは時間を楽しむ」というように、石垣島のようなウチナータイムにふさわしい遊び方です。とはいえ、自分で釣り上げた魚を食することが1番の贅沢な楽しみ方です(笑)

ガイド
ザッとこんな感じでジャンル分けしましたが、「それでも迷う!」という方…

大丈夫!

【まとめ】好みのマングローブスポットでツアーを選ぶだけ!

繰り返しお伝えしますが、

サンセットツアーなら名蔵湾です!

名蔵湾マリンツアーまとめ!マングローブだけ有名「それ勘違いです」

ジャンル別では紹介していませんが、名蔵湾はヨガSUPも楽しめますよ?

マングローブ以外にも自然のマイナスイオンをチャージされたい方は体験してみるとめっちゃ癒されます!

フィッシングカヤックツアーなら宮良川のヒルギ林が豊富!

石垣島のマングローブ『宮良川のヒルギ林』カヌー&カヤックツアーまとめ

あれもこれもというならマングローブの雰囲気を堪能してください。それで食で腹も満たせるツアーがいいよね?

島遊びと食べ物セットで身も心も実現されてくださいね!

とはいえ、

とことん刺激的にマングローブ冒険されたい方は

吹通川のヒルギ 群落で最大級のマングローブ冒険

【心癒される】石垣島北部のマングローブ【吹通川ツアー評判/まとめ】

もう、とにかくマングローブです!というかジャングルです!マングローブトンネルをくぐり抜けた先には秘境ポイントがあるというが…

カヌー&カヤック/SUPは、他のシュノーケル・ダイビングと違ってシーズンが長いです。海に入らないことが多いので、年中楽しめる勢いですね。

今更ですが、マングローブツアーはコスパ良いですよ。遊びのクオリティーは高い割に格安設定です。実際、3000円以下はザラです。

ガイド
「とりあえず体験しとこうかな…」

気軽な気持ちで参加してみたら質の高いサービスに驚きます。ガイド付きなので知識も深まって石垣島病だけに気をつけてくださいw(じっさい、多いです汗)

※本記事は他サイトの情報を参考にしたものや現地で体験された時点の情報であり、正確性を保証するものではございません。最新の情報は各スポットの連絡先までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です