2千年前に石垣島を襲った先島津波!石垣市に眠る津波大石の真実とは

 

「2000年前の津波大石があるって聞いたんだけど、どこにあるのかな?」

「いつでも気軽に見れるなら観光がてら寄ってみようかな?」

「津波大石てどれぐらい大きいのかな?」

サイズをお伝えすれば、直径12.8m、短径10.4m、高さ5.9mです。

 

イメージ、できませんか?

では、次の動画をご覧ください↓↓↓

津波大石について

ちなみに、推定重量は1000tです。

実際に現地に訪れた石垣島PR情報局スタッフが、津波大石の歴史を解説します。また、最低限知っておきたい基本情報を先に読みたい方はこちらからご覧いただけます。
↓↓↓
最低限知っておきたい基本情報はこちら!

 

以下、天然記念物に指定された津波大石の引用です。

国指定天然記念物
石垣島東東海岸の津波石群 津波大石 平成25(2013)年3月27日 指定

「津波大石」という名称は、郷土史家である故牧野清によって命名されました。当初、牧野は、1771年に石垣島を中心に大きな被害を出した、明和大津波による津波石と考えていたようです。

しかし、表面に付着しているサンゴの年代測定の結果から、約2000年前の先島津波によって現在の場所に打ち上げられたものであるということが分かってきました。

また、古地磁気を専門とする研究では、明和大津波の際、この石は大きくは動かなかったものの、波の力によって回転するなどして地磁気が動いている可能性が指摘されています。

このようにして、科学的な検証を重ねた結果、津波石であることは間違いなく、また、明和大津波以前にも大きな津波がこの地を襲ったという、教訓的な要素もある貴重な津波石であることが分かりました。

この津波石のほか、石垣島の東側に所在する、津波によって打ち上げられた、または移動したとされる、高こせる石(大浜)、あまたりや潮荒(桃里)、安良大(平久保)、バリ石(伊原間)と呼ばれる計5つの巨石が、「石垣島東海岸の津波石群」として、国の天然記念物に指定されています。

なお、津波大石以外の4つの巨石は、古文書『大波之時各村之形行書』の記述や、年代測定等の化学分析の結果により、1771年の明和大津波による津波石であることが分かっています。

平成28年(2016)年6月
石垣市教育委員会 文化財課 83ー7269

引用文にある2000年以上のサンゴの写真がこちらです↓↓↓

実際にこの石はそのままの状態で不自然な位置にあります。空港→市街地に向けて走る際は寄り道しやすいので、目的ではない方も気軽に立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

【関連】:引用文にある明和の大津波を知りたい方は人魚が関係する明和の大津波を詳しく書いています。

写真ではつらりにくい部分もありますが、長い年月によって木が生い茂っており、原型の全てを見ることができませんでした。木で茂っている大石の姿を見ると歴史を感じさせられます。

現在は立ち入り禁止の看板がされていて、登ることができないようになっています。実際に訪れて石の匂いをされた方はわかると思いますが、ハッキリと潮の匂いはします。(特にサンゴの部分ですねw)

最低限知っておきたい津波大石がある崎原公園の基本情報まとめ

[津波大石の基本情報]

1 名称/津波大石

2 スポット名/崎原公園

3 郵便番号/〒907−0001

4 住所/沖縄県石垣市大浜182

5 電話番号/0980−82−1535(石垣市役所観光文化課)

6 FAX/0980ー82−1911

7 お手洗い/アリ。※バリアフリーの設備アリ。

・盲導犬の受け入れ可。・車椅子専用お手洗い可。・スロープアリ。

8 休憩場/屋根付き休憩場アリ

9 遊具/1つアリ。

10 公園場所/大浜公民館前と大浜小学校の間の道を通った先にあります。

11駐車場/なし。※ただし、車が止められる広場はアリ。(約3台分)場所は崎原公園と小学校の間の道を海岸向けに進んだ先にあります。徒歩2分で公園に着きます。
↓↓↓

こんな方に訪れてほしい!

・天然記念物の一つ、2000年前の大津波石の実物を肌で感じたい方!

↓↓↓グーグルマップ/崎原公園詳細マップ

【関連】津波大石がある崎原公園は、紫色の花が咲き誇る期間限定スポット!詳しく知りたい方は別記事で紹介しています。

 

石垣島のひと気が多い場所から津波大石の場所まで最短アクセスルート

津波石から得られる教訓の場所まで分かりやすく人気の多い新石垣空港・離島ターミナル・市街地(ユーグレナモール:お土産市場)から崎原公園まで最短アクセスをグーグルマップで表してみた。

スムーズに公園まで辿り着けるようあなたの手助けになれたら幸いです。

↓↓↓グーグルマップ/新石垣空港→崎原公園/車

[新石垣空港→崎原公園までの基本情報]

1 アクセス時間/新石垣空港→崎原公園まで約16分

2 距離/約10.1㎞

3 タクシー予算料金/約¥2500円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金でございます。実際に掛かる料金を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/離島ターミナル→崎原公園/車

[離島ターミナル→崎原公園までの基本情報]

1 アクセス時間/離島ターミナル→崎原公園まで約15分

2 距離/約6.1㎞

3 タクシー予算料金/約¥1420円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金でございます。実際に掛かる料金を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/市街地(ユーグレナモール)→崎原公園/車

[市街地(ユーグレナモール)→崎原公園までの基本情報]

1 アクセス時間/ユーグレナモール→崎原公園まで約15分

2 距離/約6.3㎞

3 タクシー予算料金/約¥1420円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金でございます。実際に掛かる料金を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

 

津波大石がある崎原公園を目的に路線バスで訪れる方へ

市街地にあるバスターミナルから住宅地前にある大浜のバス停までのアクセス時間と料金は下記の石垣バスターミナルで確認できます。

大浜のバス停から公園まで徒歩8分で着きます。バスの時間帯は多少変動がありますので予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/バスターミナル詳細地図

【石垣バスターミナル基本情報】

1 施設名/東(あずま)運輸株式会社

2 郵便番号/〒907−0012

3 住所/沖縄県石垣市御崎町3番地

4 TEL0980−87−5423

5 ホームページ/http://www.azumabus.co.jp/

【関連】津波石以外にも石垣島には伝説の石があります。この石は民話として後世に語り継がれていますが、怖い話が苦手な方にはオススメしておりません。読まないでください。ブナリィッツブリィイシ(姉の頭)の民話は、御神崎の記事で紹介。

怖い話は読まなくても、こちらの記事も読めば、より石垣島の歴史と民話の知識が深まります。

津波大石に訪れる予定のあなたはレンタカーがオススメです

石垣島ではスカイレンタカーが人気です。

スカイレンタカーなら、いつでも格安セールスや豊富なプランが用意されていますので、あなたに見合った車種を選べるだけでなく、旅行プランに対応できるよう、レンタカープランも選べます。

さらに空港までの送迎は無料!コスパも申し分ありません。

比較的あなたの財布事情にも優しいですよ。

送迎無料!空港近くで便利なのはスカイレンタカーがオススメ!

※本記事の情報は他サイトの情報を参考にしたものや現地で体験された時点の情報であり、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報は各スポットの連絡先までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です