YouTubeチャンネルはこちら

沖縄戦の弾痕が残る「電信屋跡地」4つの最短アクセス時間・料金まとめ

「電信屋跡地」行き方解説
この記事のポイント
  • 沖縄戦争で弾痕が残る「元海底陸電線陸揚室(もとかいていでんせんりくようしつ)」通称「電信屋(でんしんやー)」の跡地まで4つの最短アクセスルートをまとめてみた
  • アクセス方法はレンタカー/タクシー/ロードバイク/徒歩の4つ!アクセス元は南ぬ島石垣空港/ユーグレナ石垣港離島ターミナル/川平湾の3箇所からアクセス時間・距離・料金も紹介
  • 「電信屋跡地」から500M間のアクセスルートは道のりが険しくなっている為、向かう方は十分ご注意ください

沖縄戦で砲弾を受けた通信施設「元海底陸電線陸揚室(もとかいていでんせんりくようしつ)」、通称「電信屋(でんしんやー)」の跡地まで、GoogleMAPにアクセスルートが表示されていますが、不適切なので適切なルートをお伝えします。

川平湾→電信屋跡地までのアクセスルートを例にして見てみましょう。

以下の画像のように[…..]灰色の斑点ルートが表示されますが、これは不適切です。また川平湾以外の他出発地点から電信屋跡地までのルートも同じように表示されます。

間違ったアクセスルート

適切なルートは下記の画像のように、赤線に沿ったアクセスルートが適切なので、電信屋跡地までのアクセルルートは、こちらのルート画像を参考にしてみてください。

正しいアクセルルート

上記のアクセスルートの違いを踏まえて、3つの場所からGoogleMAPでみた「電信屋跡地」までのアクセス方法をご紹介します。

  1. 南ぬ島石垣空港(ぱいぬしまいしがきくうこう)→電信屋跡地
  2. ユーグレナ石垣港離島ターミナル→電信屋跡地
  3. 川平湾(かびらわん)→電信屋跡地

この3箇所は観光で訪れる方を対象に、最も人が集まりやすいスポットを選定しております。

なお移動手段は、レンタカー/タクシー/徒歩/ロードバイクの4つの移動手段から移動時間と料金をまとめてご紹介しています。「電信屋跡地」に興味のある方は是非当ブログ記事の最短アクセスルートを参考にしてみてください。

路線バスは、電信屋跡地周辺にバス停がないため紹介することができませんでした。自転車は、日本では自転車走行道路が完備されておらず、ルート情報がありませんので、徒歩のルート情報からアクセス時間を紹介しております。

ちなみに徒歩のアクセス時間に三分の一を割算すると、ロードバイクのおおよそのアクセス時間を計算できると言われていますので、こちらも合わせてご紹介していきます。

そもそも「電信屋跡地」とは

「電信屋跡地」は太平洋戦争(沖縄戦)の砲撃跡が生々しく残る、戦争の惨劇を今でも感じることができる歴史的建造物であり、歴史から学べる価値が高いとして、2021年8月27日時点で「県指定史跡」にも登録されています。

その昔、日本と台湾を結ぶ海底電線を管理する通信施設として建てられました。

南ぬ島石垣空港→電信屋跡地

レンタカー&タクシー
  • アクセス時間/南ぬ島石垣空港→電信屋跡地まで約32分
  • 距離/約23.8㎞
  • タクシー予算料金/約5,080円
  • GoogleMAP

※「タクシー予算料金」は、JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金を参考にしております。実際のルートと料金を保証する金額ではありませんので予めご了承ください。

徒歩&ロードバイク
  • 徒歩アクセス時間/南ぬ島石垣空港→電信屋跡地まで約4時間28分
  • ロードバイクアクセス時間/南ぬ島石垣空港→電信屋跡地まで約1時間30分
  • 距離/約21.8㎞
  • GoogleMAP

※「ロードバイクアクセス時間」は、「徒歩アクセス時間」の三分の一を割算したおおよその時間を参考にしております。アクセス時間を保証するものではありませんので予めご了承ください。

ユーグレナ石垣港離島ターミナル→電信屋跡地

レンタカー&タクシー
  • アクセス時間/ユーグレナ石垣港離島ターミナル→電信屋跡地まで約28分
  • 距離/約17.5㎞
  • タクシー予算料金/4,000円
  • GoogleMAP

※「タクシー予算料金」は、JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金を参考にしております。実際のルートと料金を保証する金額ではありませんので予めご了承ください。

徒歩&ロードバイク
  • 徒歩アクセス時間/ユーグレナ石垣港離島ターミナル→電信屋跡地まで約3時間36分
  • ロードバイクアクセス時間/ユーグレナ石垣港離島ターミナル→電信屋跡地まで約1時間12分
  • 距離/約17.5㎞
  • GoogleMAP

※「ロードバイクアクセス時間」は、「徒歩アクセス時間」の三分の一を割算したおおよその時間を参考にしております。アクセス時間を保証するものではありませんので予めご了承ください。

川平湾→電信屋跡地

レンタカー&タクシー
  • アクセス時間/川平湾→電信屋跡地まで約14分
  • 距離/約8.9㎞
  • タクシー予算料金/1,850円
  • GoogleMAP

※「タクシー予算料金」は、JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金を参考にしております。実際のルートと料金を保証する金額ではありませんので予めご了承ください。

徒歩&ロードバイク
  • 徒歩アクセス時間/川平湾→電信屋跡地まで約1時間45分
  • ロードバイクアクセス時間/川平湾→電信屋跡地まで約35分
  • 距離/約8.5㎞
  • GoogleMAP

※「ロードバイクアクセス時間」は、「徒歩アクセス時間」の三分の一を割算したおおよその時間を参考にしております。アクセス時間を保証するものではありませんので予めご了承ください。

以上でGoogleMAPでみた、「電信屋跡地」までのアクセス時間と料金をお伝えしました。しかし冒頭でもお伝えしたように、GoogleMAPでは不適切なアクセスルートが載っていますので、ご注意ください。

また電信屋跡地は、手前までしかアクセスルートは表示されおらず、そこから先の約500Mまでのアクセスルートが表示されていません。この500Mのアクセスルートは、大変道が険しくなっている為、詳しく解説していきます。

電信屋跡地の進入ルート500メートル

「電信屋跡地」までのアクセス方法

GoogleMAPに表示されている「電信屋跡地」の到着地点が下記の「360°ビュー」の位置になります。小さな標識がありますので、その標識を目印に真っ直ぐ500Mほど進んだ先に「電信屋跡地」へ到着することができます。


途中から激しい凹凸道があり、軽自動車で10㌔も出せませんでした。。原付バイクだと安定が悪く、ロードバイクでも漕ぎながら進むのは困難なため、無難に徒歩で進むのをオススメします。

また轍(わだち)の跡も大きく残っていますので、雨の日の翌日などは控えた方が無難です。。しかも車1台分がやっとで通れる道幅なため、対向車が来た場合どちらかがバックで譲る事になります。

しかも道幅は狭いのでレンタカーご利用の方は、車体を傷つけてしまうリスクも無いと言い切れません、無難にレンタカーでのアクセスは控えた方が良いでしょう。


逆に車高が低い車は地面と接触します。強引に進もうとすると最悪、動けなくなる可能性もありますので十分ご注意ください。このことから500Mまで行く際は、徒歩で向かうことをオススメします。

凸凹道が修復されていましたら、お手数お掛けしますが下の方にある「コメント」から教えていただけますと、記事を修正いたします。

また「電信屋跡地」へ到着すると、徒歩10秒で行けるビーチもありますので、「電信屋跡地」を見学しつつビーチにも訪れてみてくださいね。

 

シェアしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

編集長 與儀(よぎ)地域WEBマーケター
石垣島PR情報局の編集長を勤めている與儀(よぎ)貴志と申します。 石垣島の全ての魅力を石垣島PR情報局のスタッフが現地人の視点からお伝えしております。当サイトで紹介してほしいお店、観光地などあれば取材させていただきます。 お気軽にご相談いただけますと幸いです。