川平湾でグラスボートやシュノーケリング後は南国ランチを味わおう!

 

「石垣島といえば川平湾(かびらわん)て聞くけど何があるの?」

「石垣島で1番の観光スポットはどこですか?」

「初めて石垣島に行きます!どこがオススメですか?!」

こんな方に向けて実際に現地に訪れた石垣島PR情報局スタッフが、川平湾をお得に楽しむ術ををご説明します。また、最低限知っておきたい基本情報を先に読みたい方はこちらからご覧いただけます。
↓↓↓
最低限知っておきたい基本情報はこちら!

この記事で得られる川平湾の内容を下記にまとめます。

 

川平湾の内容

1.川平湾を楽しむマリンレジャー&バスツアーの魅力

2.川平湾周辺にあるおすすめグルメ編

3.川平湾を無料で楽しむ方法

4.川平湾でお得に過ごす駐車場事情

5.川平湾まで最短アクセスルート

6.川平湾周辺リゾートホテル2つの特徴

 

上記の6つの内容だけ読んでも味気ないので、続いて川平湾の実績をお伝えする。

 

川平湾の実績

1.日本百景の1つの景勝地

2.沖縄で唯一ミシュラングリーンガイド3つ星獲得

3.世界初!黒蝶真珠の養殖に成功した地

4.人気観光都市上昇ランキング世界1位に輝く!

世界という言葉が2つありますね。なんとなく「凄い」と思った方はこれからお伝えする川平湾は必見です。

このポイントと実績を絡めながら“石垣島の顔”とも言える川平湾の魅力を深掘りしていきます。

それでは見ていきましょう。

 

目次

川平湾について【50秒弱の圧倒的な癒しで一気に理解が深まります。】

ここで動画を通して“視覚”から結論をお伝えします。

 

川平湾には“わざわざ訪れる価値があります”

動画を見た方はこの意味が感覚から理解できたのではないでしょうか?

川平湾の実績にあるミシュラングリーンガイド3つ星に深い意味があります。

 

川平湾がミシュラン3つ星を獲得した理由とは?

 

View this post on Instagram

 

Atsushi |沖縄 石垣島|さん(@atsushi_okiphoto)がシェアした投稿

ミシュラングリーンガイドとは、

ミシュラン・グリーンガイドシリーズは、各地の魅力をお伝えする旅行ガイド。好奇心に満ちた旅行者が、訪れる土地をよりよく理解し、充実した旅を楽しめるような情報を満載しています。

豊かな自然や多彩な文化遺産など各地を独自の方法で調査し、旅行者にお勧めしたい場所が掲載され、その中で特にお勧めしたい場所は三つ星から一つ星まで星の数で表しています。

掲載地は旅行者へのお薦め度という観点で、星なしから「わざわざ旅行する価値がある」という三つ星まで分類されています。

★★★ 「わざわざ旅行する価値がある」
★★ 「寄り道する価値がある」
★ 「興味深い」

引用:ミシュラングリーンガイド

特に初めて石垣島に訪れる方は、予定に組み込まれていなくても川平湾には訪れてほしいです。

ここまで断言できる理由は、上記の実績が物語ります。

そして、これに伴いミシュラン獲得から人気観光都市上昇ランキング世界1位に輝きました。あの絶対的リゾート地、ハワイを抜いての1位です。

 

View this post on Instagram

 

Atsushi |沖縄 石垣島|さん(@atsushi_okiphoto)がシェアした投稿

このランキングを付けたのは、世界最大の旅行サイト『トリップアドバイザー』現地で実体験をされた旅行者の口コミの数が最も多い旅行サイトで有名です。

さらに口コミが多かったところは、石垣島最高級のリゾートホテル『クラブメッド石垣島』に宿泊された世界中の旅行者が、川平湾に訪れ、クラブメッド のサービスに感銘を受け、「また訪れたい」という強いリピート感溢れるコメントを多数寄せています。

具体的な詳細はこちらのサイトに譲ります。>>石垣市が世界一!

 

まとめますと、現在の川平湾は世界中の旅行者から最も注目された観光地です。

「石垣島といえば!?」こんな質問があれば、多くの島人やリピーターは、「川平湾」と答えるでしょう。「予定を変えてでも川平湾に訪れる価値はありそうですねw」

 

川平湾の実績をザックリ理解できたところで、人々に与える影響力を一言で表現すると、

 

“圧倒的なエメラルドグリーンの輝き”にあります。

 

あなたが南の島に観光目的で訪れる理由の1つに、「癒されたい」そんな思いはありませんか?

ここで、川平湾のエメラルドグリーンを20秒でお伝えします。

この海の色がエメラルドグリーンです。川平湾が人気になった理由はココにありますよ。以下、簡潔にエメラルドグリーンについて解説します。

 

エメラルドグリーンとは、

宝石のエメラルドの色に由来する、わずかに青がかった緑色。エメラルドはベリル(緑柱石)の一種として知られる。

と、ウィキペディアには記載されています。

では、これを海のエメラルドグリーンで例えると、こんな現象が起きています。
↓↓↓

 

View this post on Instagram

 

Atsushi |沖縄 石垣島|さん(@atsushi_okiphoto)がシェアした投稿

“湾内の海はビーチと比べ、潮の満ち引きで刻々と色鮮やかに変化していく特徴がある。石垣島の海は本州より透明度が高い理由がサンゴである事が分かっています。サンゴはミネラルの放出で綺麗な海を保つ働きや石灰質の生き物です。

この石灰質が砕けると白砂になります。海底にある白砂に日の光が反射する事で宝石のようなエメラルドグリーンの海を魅せる現象が起こるのです。特に川平湾は本州よりもサンゴが多い事がわかっています。”

 

つまりエメラルドグリーンの色はサンゴが生息して成り立つ現象ということです。この自然現象が、あなたに視覚から癒しを与えています。

 

ここまでお伝えして、川平湾の魅力と人気の理由が分かったところで、川平湾を楽しむ方法を紹介していきましょう!

 

川平湾遊びの王道!グラスボートならコスパ最高クラス!3つのショップを比較

 

View this post on Instagram

 

Atsushi (沖縄/石垣島)さん(@atsushi_bluesea)がシェアした投稿

川平湾のグラスボートの魅力を5つのポイントでまとめると下記になります。
↓↓↓

川平湾グラスボートの魅力
  1. 潮風の香りと涼しさから爽快感が得られます
  2. 老若男女問わず大人数でも気軽に利用できます
  3. 海に入らず、快適に海中観察が楽しめます
  4. 20%割引クーポン配布(小銭で利用できます)
  5. ガイドさんの解説付きなので魅力が深まります

下記の動画のように、コズパ良く海中観察が楽しめるのは大きな魅力です。

石垣島ならではのトロピカルな魚やコモンシコロ珊瑚などの珍しいサンゴに出会える特徴がありますよ。

川平湾には3つのグラスボートのマリンサービスがありますので、それぞれの見どころを紹介していきます。

 

唯一マンタに出会えるコースあり!【まりんはうすぐるくん】

 

View this post on Instagram

 

KoM Travel Noteさん(@kom_travel_note)がシェアした投稿

チェックポイント
  • マンタクルージングが唯一あるショップです。
  • 石灰岩でできた川平湾の目の前の無人島渡しサービスあり
  • 12歳以上のご利用でカヌーレンタルアリ
  • 釣り船・ボートチャーターアリ
  • 宿・カフェのサービス付き

24時間、目の前の川平湾の景色を見渡せる共有テラス付きの宿があるのは大きな魅力です。

【関連】:川平湾周辺で宿泊検討されたい方は12箇所の宿を1つにまとめたこちらの記事を参考にどうぞ。

 

マンタクルージングは、

川平湾の沖合に出て、湾内よりも深い場所に行きますので、ウミガメにも出会える確率が通常グラスボートのご利用よりも高確率で遭遇チャンスが狙えますよ!

現在、まりんはうすぐるくんがマンタ専用の大型グラスボートでマンタを探すコースを独占中!!海に入らず、コスパ良くマンタを見たい方はマンタクルージングも検討されてくださいね。

 

確実にマンタに出会える保証はありません。

だからこそ見る価値が高いと言われています!憧れの海の生き物と出会える川平湾を少しでも価値ある思い出にしてみませんか?

また、

まりんはうすぐるくんを利用すると、無料駐車できます。特にマンタクルージングをご利用のお客様は長時間の運航になりますので、専用の無料駐車場のご利用がお得!

なお、有料駐車場に先に駐車すると、負担になる為、この記事を読まれた方はお得に駐車できます。

まりんはうすぐるくん専用の無料駐車場の場所は、本社の敷地にあります。

詳細は公式ホームページから確認できますよ。

>>まりんはうすぐるくん

↓↓↓グーグルマップ/まりんはうすぐるくん本社と専用無料駐車場の詳細地図

【関連】:マンタつながりで、日本一マンタ遭遇確率が高いポイント知りたい方は川平湾からほど近い川平石崎の記事が参考になります。


グラスボートに特化したサービスが充実!【川平マリンサービス】

 

View this post on Instagram

 

manchanbuhibuhiさん(@mitsuhiro.koyama)がシェアした投稿

チェックポイント
  • 唯一クレジットカード・電子マネーの支払い可能です
  • 外国人のゲストの対応可能です

>>【公式】川平マリンサービス

 

↓↓↓グーグルマップ/詳細地図

 

【青いさんご礁】名前の通りキレイなサンゴワールドを魅了しますよ!

川平湾のキレイな青いサンゴ礁を見たいならココ!

地元島人スタッフが精通していますので、川平湾以外の石垣のことを聞いて、お得な情報も手に入れられます。

>>Facebookページ

 

↓↓↓グーグルマップ/詳細地図

ここまでが、グラスボートサービスの3つの特徴ですが、コスパ良く楽しむ方法は下記の見出しから得られます。

 

【グラスボート観光をお得に楽しむ方法その1】旅行サイト予約で20%割引クーポンいただけます。

この海を見たあなたは、グラスボート観光を「したくない気持ち」になるでしょうか?

どうせ楽しむなら20%割引クーポンが使える旅行サイト予約でポイントを賢く貯める術がリンク先です。

>>川平湾の海をコスパ良く楽しむなら!(じゃらんnet)

 

【グラスボートをお得に楽しむ方法その2】干潮時よりも満潮時が人気?

 

View this post on Instagram

 

Atsushi |沖縄 石垣島|さん(@atsushi_okiphoto)がシェアした投稿

ガイドブックには、満潮時が特にキレイな景観になるよう書いてありますが、これは好みの問題があります。しかし、満潮時の方が人気があるのも事実。理由は、絵葉書のような淡色の景色にあります。

テレビで良く報道される川平湾の景色は、多くの人に満潮時の映像を見せています。グラスボート観光では、満潮時の方が魚が豊富に見れて楽しめるという方もいますね。

 

View this post on Instagram

 

Atsushi |沖縄 石垣島|さん(@atsushi_okiphoto)がシェアした投稿

明確に川平湾の満潮を知りたい方は図表と数字を見てみないと把握しずらいかと思います。石垣島の潮の満ち引きも把握できる潮位表を参考にされてくださいね。

>>国土交通省|気象庁|潮位表 石垣島 満潮・干潮予測

 

ちなみに、干潮時でもグラスボートは運航されますのでご安心ください。一応、お伝えしますと干潮時にグラスボートされると魚よりもサンゴのほうが顔を出していますので、サンゴ観察目的であれば干潮時が良いという方もいます。

全体的な景色も様変わりしますので、上記の内容にこだわりがある方は、潮位表を参考にしても良いかもしれませんね。

 

 

View this post on Instagram

 

kiyotaka kitajima沖縄さん(@kiyotaka_kitajima_photo)がシェアした投稿

ここまで、グラスボート観光の楽しむ方法をお伝えしました。もし、「肌で川平湾の海をたっぷり感じてみたい!」そんな思いがあれば、マリンレジャーをオススメできます。

 

その前に「これ」を押さえたうえで、マリンレジャーを紹介しましょう。

 

川平湾は遊泳禁止だが、マリンショップ利用ならまったく問題ありません

 

View this post on Instagram

 

Atsushi |沖縄 石垣島|さん(@atsushi_okiphoto)がシェアした投稿

実は川平湾は個人の遊泳は禁止です。禁止の理由は、

 

“川平湾は潮の流れが早い”こんな理由があります

 

これで事故に遭った方は何人もいます。有名どころで言えば2017年に起きたサメ事件。崎枝ビーチに遺体が発見されましたね。川平湾付近でレンタカーがあったことから川平湾で無理して泳いで、最終的に崎枝ビーチで発見。

 

View this post on Instagram

 

ryoyama0594さん(@ryoyama0594)がシェアした投稿

この事件が起きるまでは、崎枝ビーチは浅瀬のサンゴが広がる穴場ビーチとして有名でしたが、別の形で、さらに有名になりました。。サメ事件で有名になった石垣島最西端の崎枝ビーチの詳細を知りたい方は別記事に記載しています。

「昔は川平湾も泳げたんですよ。」

けど、事件が多いと規制もかかりますよね。。

 

でも、インストラクターの元でツアーの一環であればOK!こちらも言うまでもありませんが、単純に安心・安全を第一に考えてツアーを実施されています。

グラスボートでガラス越しに海中を眺めた後は、さらにもう一歩進んだ直接海中を楽しむのがシュノーケルの醍醐味です!

 

【マリンスポーツ初心者必見】シュノーケリングで川平湾の海の世界を堪能できます

※画像クリックで詳細情報がみれます。

シュノーケルチェックポイント
  • 川平湾のサンゴ・魚観察が醍醐味。
  • 海中観察の基本!シュノーケルが入門編です。
  • 誰でも気軽に楽しめる老若男女楽しめるマリンスポーツです。

シュノーケルとは、

シュノーケルと呼ばれるパイプ状の呼吸器を付けて、水面または比較的浅い水中を遊泳しながら、海の美しい景色を楽しむマリンレジャーです。

スキューバダイビングのように資格は必要なく、特別な技術も不要。年齢性別を問わず、手軽にできることから人気を集めています。

※画像クリックで詳細情報がみれます。

川平湾は日本が誇るマンタ遭遇率屈指スポット!優雅に泳ぐマンタはシュノーケリング必須なマリンレジャーです!!

グラスボートでは決して見ることができない海の生き物やエメラルドグリーンを創造したサンゴを直接覗いて見ませんか?

泳ぎが苦手な人でも快適に楽しめるので安心してくださいね。

 

【人気上昇中】SUPクルージングツアーなら川平湾の海の上を移動できます

※画像クリックで詳細情報がみれます。

近年、石垣島でSUP(スタンドアップパドルボード)がブームになっている。

SUPとは、

「Stand Up Paddleboard(スタンドアップパドルボード)」の略称。その名の通り、ボードの上に立ち、パドルを漕いで水面を進んでいく新感覚のアクティビティです。

 

SUPの遊びポイント
  • 移動しながら水平線の変わりゆく景色を楽しめます。
  • 女性に嬉しいシェイプアップ効果も期待できる!
  • 初心者でも簡単に一人で体験できますよ。

 

View this post on Instagram

 

APNEAadventureさん(@apneaadventure)がシェアした投稿

あなたもこのブームのナミに乗ってSUPで新感覚レジャーを楽しんでみてはいかがでしょうか?

バランス感覚が必要とするレジャーではありませんので、安心してツアー参加できますよ♪

 

 

イメージ、できませんか?

 

では、SUP動画をご覧ください。

教わっている様子が垣間見れますが、上達している過程が見て取れますよね?

おそらく、SUPというマリンレジャーは、“人を成長させる遊び”なのだなと感じたのは、これを書いている私だけでしょうか?

 

 

「マリンツアーもいいけど、景色をゆっくり眺めたいな…」

そんな方にインスタ映えにオススメできる川平湾のフォトジェニックポイントを下記の見出しでお伝えします↓↓↓

【テレビで話題】川平湾の景色は展望台から見るべし!インスタ映えポイント3つあります

ここまで川平湾の有料の遊び方を紹介しました。

ここからは川平湾の海を楽しむオススメの撮影スポットを3つ厳選紹介していきます♪

 

【インスタ映え1】展望台から眺望した川平湾の景色

 

View this post on Instagram

 

貝哥 / Baygoさん(@hiroshilee)がシェアした投稿

チェックポイント
  • 川平公園展望台から見る景色が一般的です。
  • テレビやガイドブックで見るアングルがここです。
  • 反対側の景色が世界初の黒蝶真珠の養殖の地。
  • 黒い斑点が養殖しているポイント。

こちらが川平展望台から眺めた反対側の景色です。あたり一面黒い部分は黒蝶貝の養殖になっています。

黒蝶貝を直で見たい方は展望台近隣の琉球真珠本店からご覧ただけます。

>>【公式】琉球真珠本店

 

続いて、展望台を少しおりた先の遊歩道のハイビスカスに注目です。

【インスタ映え2】川平公園の遊歩道からハイビスカスと川平湾の景色がポイントです

 

View this post on Instagram

 

Atsushi |沖縄 石垣島|さん(@atsushi_okiphoto)がシェアした投稿

 

こちらが遊歩道の通路↓↓↓

ハイビスカスが最近咲いているところを見かけなくなりました。咲いていれば、ワンショットチャンスですね!

 

【インスタ映え3】浜辺から撮影した川平湾の景色、キファ!

 

View this post on Instagram

 

. *キファ(川平湾)* 石垣島といえば川平湾 川平といえば川平湾 そのイメージを 変えたいんだ。 キファがアカンとは言わないけど キファよりずっと魅力的な風景が 川平にはいーっぱいあるし キファだけ見て川平を離れるのは もったいな過ぎると思うねんな。 追記 : なんと kaneさん @manabu_kane がここで ドローン飛ばしちゃった^ ^ 真上から見たキファがpostされたよー サブアカ @atsushi_bluesea #沖縄 #石垣島 #離島 #ビーチ #okinawa #ishigakiisland #八重山フォト祭り #JAPAN #lovers_nippon #loves_nippon #wu_japan #seaview #bluesea #ishigakinow #beach #blue #secretbeach

Atsushi |沖縄 石垣島|さん(@atsushi_okiphoto)がシェアした投稿 –

透明度が高いエメラルドの海、川平湾は景色だけ眺めても時間を忘れてしまいそう。

川平湾の無人島は全部で9つあります。その中でもっとも近いのがこちらの無人島。

 

View this post on Instagram

 

Atsushi |沖縄 石垣島|さん(@atsushi_okiphoto)がシェアした投稿

海辺ではこのように川平湾の無人島も眺望できる。

あなただけの特別な撮影スポットを探されてみてくださいね。

川平湾を満喫された後は、周辺の飲食店に注目です。

 

川平湾周辺のグルメスポット!石垣島の南国ランチ&カフェを5つ厳選紹介します。

飲食店は川平湾から徒歩1㎞以内に10店舗以上の飲食店があります。中でも人気が著しく高いグルメを独自の視点で紹介していきます。この記事が少しでも参考になりましたら幸いです。

※島の駅周辺はフリーWi-Fiのご利用がいただけます。

 

【かびら食堂】石垣牛をランチで召し上がればボリューム満点です!

チェックポイント
  • お持ち帰りできます。
  • オススメは石垣牛おむすび
  • 1コインなのでコスパ良いです。
[かびら食堂の基本情報]

1 店名/かびら食堂

2 ジャンル/食堂・和食

・オススメメニュー/八重山まぜそば ※アルコール飲料あり!

3 郵便番号/〒907ー0453

4 住所/沖縄県石垣市字川平観光お土産品店内

5 営業時間/11:30〜17:00※年中無休

・テイクアウトは10:00から可能です。

6 予約・お問い合わせ/0980−88−2222

7 食事予算/約¥1000円

8 支払い方法/現金のみです。

9 サービス/テイクアウト可能です。

10 駐車場/川平公園有料駐車場

11 駐車場料金/1時間¥200円。

・1時間毎に¥100円追加されます。

12 Wi-Fi/フリーWi-Fiアリ

こんな方に訪れてほしい!

1 ご家族様・団体様・ガッツリ食べたい方にオススメ!

↓↓↓[川平食堂詳細地図]

 

川平湾で懐かしい八重山そばを食べられる。【公園茶屋(こうえんぢゃや)】

チェックポイント
  • 古風な八重山そばがおすすめです。
  • トッピングのかまぼこは、『石垣島マーク』
    (インスタ映えできます。)
  • 無料駐車場あります。

きめ細かいサービスが密かに定評されていて口コミの話題の1つです!

[公園茶屋の基本情報]

ホームページ/【公式】公園茶屋(ぐるなび)

こんな方に訪れてほしい!

1 一人旅の方・団体様・カップル・子供連れのご家族様!

↓↓↓[川平公園茶屋詳細地図]

 

日替わり弁当のお店|川平ごはん屋

 

View this post on Instagram

 

maiさん(@mainchu.1011)がシェアした投稿

チェックポイント
  • お急ぎ・弁当派におすすめです。
  • 石垣島の家庭的な弁当が好きな方は是非!
  • 即実食可能です。
  • カウンター席・テラス席アリ
[日替わり弁当のお店|川平ごはん屋の基本情報]

1 店名/日替わり弁当のお店 川平ごはん屋

2 ジャンル/日替わり和食弁当・カフェ

3 営業時間/11:30〜14:30※定休日

・4月〜11月の水曜日と3月〜12月の日曜日になります。

4 予約・お問い合わせ/090−4136−3764

5 郵便番号/〒907ー0453

6 住所/沖縄県石垣市字川平919−1

7 食事予算/弁当のみ¥600円

8 支払い方法/現金のみ

9 席/テーブル2席・窓越しカウンター3席・テラス席/10席

10 喫煙/テラス席で分煙できます。

11 無料駐車場/お店の敷地内にあります。

こんな方に訪れてほしい!

1 すぐに食事をしたい方!

↓↓↓[日替わり弁当のお店 川平ごはん屋 詳細地図]

 

川平湾で南国デザート目的の方はココ!おいシーサ一遇

チェックポイント
  • 川平地区唯一の手打ちそばです。

こんな方に訪れてほしい!

1 子供連れのご家族様・友達同士・女子旅で利用される方にオススメ!

[おいシーサー遇の基本情報]

>>【公式】おいシーサー遇(ぐるなび)

↓↓↓[おいシーサ一遇詳細地図]

 

川平湾の景色を望むカフェR`sCafe|琉球真珠

チェックポイント
  • テラス席から景色を眺望できます。
  • 沖縄ならではのアイス・南国料理が召し上がれます。

大切な人と2人きりの時間を川平湾で過ごしたい方は事前に天気が晴天なのをお忘れなく!

川平湾付近の飲食店の中でも9:00オープンと早く、朝食を召し上がることができます。

石垣島のジェラートや沖縄ならではのタコライスがオススメ。

タコライス¥900円

レアチーズケーキ¥400円

[R`sCafe基本情報]

ホームページ/【公式】R’s Cafe(ぐるなび)

こんな方に訪れてほしい!

・カップルでオープンテラス席・子供連れのご家族様!

↓↓↓[R`sCafe詳細地図]

【関連】:川平湾から歩いて徒歩2〜3分のところに石垣島のポピュラー泡盛の1つ『於茂登』を製造する高嶺酒造所があります。見学もできますので、合わせて訪れて欲しい川平スポットです。

 

【最低限知っておきたい川平湾の基本情報】無料駐車場も含めて紹介します

【川平湾の基本情報】

1 スポット名/川平湾(かびらわん)

3 郵便番号/〒907ー0453

4 住所/沖縄県石垣市川平1054

5 営業時間/24時間・休日なし

8 遊泳/禁止エリア(※マリンショップ利用なら可)

9 見学/自由見学

10 お問い合わせ電話番号/0980−82ー1535(石垣市観光課)

11 駐車場/有料・無料駐車場アリくわしくはこちら。

川平湾が望める川平公園|基本情報

【川平公園の基本情報】

1 スポット名/川平公園

2 お手洗い/アリ

3 足場洗い/アリ

4 更衣室・ロッカー/なし

5 自販機/アリ

6 見学エリア/川平公園展望台

7 遊具/なし

8 観音堂/川平観音堂アリ

川平湾|川平公園の有料駐車場の基本情報

川平湾の駐車事情ですが、無料駐車場が2箇所だけあります。ここで、お伝えする内容は有料駐車場の基本情報と無条件で止めることができる無料駐車場の場所をお伝えします。

【川平公園の有料駐車場の基本情報】

1 所在地名/第一有料駐車場(通称:川平公園駐車場)

2 駐車台数/約50台

3 営業時間/年中無休

4 駐車料金/1時間¥200円

・毎1時間に付きプラス¥100円追加されていきます。(8:00〜20:00)

・駐車券を紛失された方は1900円〜2000円の支払いが発生します。くれぐれも紛失されないように気をつけていただきたいです。

川平湾|島の駅カビラガーデン周辺にあるたった3台だけ停められる無料駐車場を教えます

あまり知られていない川平湾の無料駐車場、有料駐車場の真向かいにある東屋の隣に軽自動車のサイズなら3台分駐車できます。

1分で川平湾周辺にたどり着けるます。早いもの勝ちなので、駐車されていたら有料を使うしかありませんね汗

 

川平湾まで最短アクセスルートを紹介!

石垣島でNo. 1観光地である川平湾までどのルートで行くのか?

分かりやすく人気が最も多い新石垣空港・離島ターミナル・市街中心地であるユーグレナモール(お土産市場)3スポットから川平湾に向かう最短アクセスルートをグーグルマップで表してみた。

スムーズに川平湾に辿り着けるようあなたの手助けになれたら幸いです。

↓↓↓グーグルマップ/新石垣空港→川平公園駐車場/車

[新石垣空港→川平公園駐車場までの基本情報]

1 アクセス時間/新石垣空港→川平公園駐車場まで約33分

2 距離/約25㎞

3 タクシー予算料金/約¥4900円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金表でございます。実際に掛かる料金表を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/離島ターミナル→川平公園駐車場/車

[離島ターミナル→川平公園駐車場までの基本情報]

1 アクセス時間/離島ターミナル→川平公園駐車場まで約31分

2 距離/約18.2㎞

3 タクシー予算料金/約¥3760円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金表でございます。実際に掛かる料金表を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/市街地(ユーグレナモール)→川平公園駐車場/車

[市街地(ユーグレナモール)→川平公園駐車場までの基本情報]

1 アクセス時間/ユーグレナモール→川平公園駐車場まで約30分

2 距離/約18.0㎞

3 タクシー予算料金/約¥3760円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金表でございます。実際に掛かる料金表を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

 

観光バスだから楽しめる!川平湾と石垣島の人気スポットを巡るツアー

川平湾も他の石垣島の観光スポットも楽しみたい方にオススメなのが観光バスツアー!

バスツアーで楽しめる石垣島遊びは、2つのコースを設けています。

パワースポットを巡る桃林寺や、島で最も人気な玉取崎展望台から島の景色を眺めたり島ならではの美味しい昼食付きの贅沢なツアーを約半日かけて遊び尽くせます!

2つのツアー内容を順序よく見ていきましょう。

こちらのツアーサイトを見れば全て丸わかりです。>>石垣島オプショナルツアー

Aコース(石垣島一周観光)

権現堂・桃林寺(車窓)
↓↓↓
唐人の墓(下車観光)
↓↓↓
川平公園(下車観光)
↓↓↓
ポーザーおばさんの食卓(下車昼食付き)
↓↓↓
米原ヤシの原生林(下車見学)
↓↓↓
玉取崎展望台(下車観光)
↓↓↓
宮良川のヒルギ林(下車見学)
↓↓↓
東バスターミナル(解散)

【Aコース基本情報】

1 ツアー時間/9:30分〜14:00(4時間30分)

2 ツアー料金(昼食付き)

①大人¥4600円

②小人(6〜12歳)¥3650円※6歳未満は無料です。

③障害手帳割引あり(大人)¥3650円

④小人¥3150円

⑤団体割引/15名様から10%割引

Bコース(石垣島半周観光)

権現堂・桃林寺(車窓)
↓↓↓
唐人の墓(下車観光)
↓↓↓
川平湾公園(下車観光)
↓↓↓
ポーザーおばさんの食卓(ティータイム付き)
↓↓↓
米原のヤシ原生林(下車見学)
↓↓↓
アートホテル石垣島(下車希望の方)
↓↓↓
ANAインターコンチネンタル石垣リゾート <石垣島>(下車希望の方)
↓↓↓
東バスターミナル(解散)

【Bコース基本情報】

1 ツアー時間/14:00〜17:50分(3時間50分)

2 ツアー料金(昼食付き)

①大人¥3200円

②小人(6〜12歳)¥2350円※6歳未満は無料です。

③障害手帳割引あり※介護者も可(大人)¥2380円

④小人¥1970円

⑤団体割引/15名様から10%割引

オプション価格で川平湾グラスボート割引特典アリ!

①大人¥1030円→¥850円

②小人¥520円→¥450円

※グラスボートお申し込みは現地で伺います。

半日かけて楽しむ川平湾を含めた石垣島巡りは観光バスツアーがオススメ!

わずか¥5000円の昼食付きで石垣島の人気スポットの魅力がわかってしまう便利な遊び方!

詳細情報・料金はこちら

>>石垣島オプショナルツアー

 

路線バスから川平湾までのアクセス

シンプルな移動のみの路線バスです。

市街地にあるバスターミナルから川平湾前のバス停(川平公園前)までのアクセス時間と料金を知りたい方は下記の基本情報から石垣バスターミナルにお問い合わせください。

川平公園前のバス停から川平湾まで徒歩3分で着きます。

※時間帯は多少変動があります。遅くても移動時間は約50分の目安として捉えましょう。

↓↓↓グーグルマップ/バスターミナル詳細マップ

[石垣バスターミナル基本情報]

1 施設名/東(あずま)運輸株式会社

2 郵便番号/〒907−0012

3 住所/沖縄県石垣市美崎町3番地

4 TEL/0980−87ー5423

5 ホームページ/http://www.azumabus.co.jp/ 

 

川平湾周辺の2つのリゾートホテル!あなたはどっちに宿泊する?

 

View this post on Instagram

 

Atsushi (沖縄/石垣島)さん(@atsushi_bluesea)がシェアした投稿

 

美しいエメラルドの海の川平湾から近い石垣島のリゾートホテルを案内します。

 

【川平湾周辺ホテル】底地ビーチが眺望できるロケーション石垣シーサイドホテル

底地ビーチは川平湾に次ぐ人気な海!遊泳禁止な川平湾はミシュラン3つ星を獲得し、泳げる底地ビーチは2つ星を獲得!

景色なら川平湾、泳ぐなら底地ビーチ!石垣島の王道海を堪能したい方にはオススメのリゾートホテルですよ!

石垣シーサイド ホテル では南国気分を存分に楽しめる開放的なジャグジーで旅の疲れを癒されてみてはいかがですか?

合わせて、石垣シーサイドホテルでは、川平湾のマリンツアーサービスもされています。移動の手間隙かけず、快適に川平湾をマリンで満喫れたい方には、特にオススメですよ。

 

【川平湾周辺ホテル】マンタに出会えるリゾート!クラブメッド・石垣島


※画像クリックで詳細情報がみれます。

東京ドーム4個分の面積の高級リゾートホテル!

石垣島のホテルの中でも国内外の旅行者から絶大な人気を誇るクラブメッド ・石垣島は世界的な旅行サイト、トリップアドバイザーの『トラベラーズチョイスアワード2018年』のファミリーリゾート部門において日本第1位に選ばれました。

しかし、宿泊をお考えの方は注意が必要!!

宿泊1泊だけでも翌日の現実世界に戻るまでに時間がかかります!

マンタに出会える神秘な世界を即体験できるのがクラブメッド・石垣島の魅力の1つです。これを宿泊初日に体験すればクラブメッドワールドの虜になりますよ。

宿泊料金・予約はこちら

 

※本記事は他サイトの情報を参考にしたものや現地で体験された時点の情報であり、正確性を保証するものではございません。最新の情報は各スポットの連絡先までお問い合わせください。

 

石垣島に旅行に訪れる方へ。

こちらの記事を読めば石垣島に特化した旅行サイトを把握できます。

簡潔でわかりやすいのでサラッと旅行サイトを選べますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です