本格シュノーケルは石垣島の米原ビーチ!駐車場事情と事故対策を紹介

 

「石垣島で1番人気のある天然ビーチてどこかな?」

「本格的にシュノーケルするならどこのビーチが適しているんだろう?」

「そもそも個人でビーチエントリーしてもいいのかな?」

こんな方に向けて実際に現地に訪れた石垣島PR情報局スタッフが、米原ビーチをお得に楽しむ方法をご説明します。また、最低限知っておきたい基本情報を先に読みたい方はこちらからご覧いただけます。
↓↓↓
最低限知っておきたい基本情報はこちら!

上記の3つの悩みを解決できる内容が、下記の通りです

  • 石垣島で最も人気のある天然ビーチが米原ビーチです。
  • 本格的に石垣島でシュノーケルを楽しめるのが米原ビーチです。
  • 米原ビーチの正しい遊び方をこの記事で知ることができます。

 

この3つを基準に魅力をお伝えしていきます。。が、以下の事実が明らかです。

 

米原ビーチは、地元民から最も人気が高く、浅瀬に行けばエメラルドグリーンを創造したキレイなサンゴ礁を観察することが、できました。。

現在の浅瀬のサンゴは壊滅状態。もう見ることができなくなってしまった、寂しさと、懐かしさを感じる浅瀬のサンゴ礁のビーチ。

この記事を読めば、石垣島で最も人気のある天然ビーチの遊び方と危険が伴う“もう一つの顔”も合わせて知ることができます。特に、これから米原ビーチに訪れる予定の方は必見です。

目次

米原ビーチについて

昔から地元民に愛され続けている人気No. 1が米原ビーチ!

最近では国内観光者の口コミで石垣島のビーチが話題になっているのがこのビーチです。どの入り口からでも水平線を眺められる天然ビーチ。白い砂浜の先に見えてくるエメラルドグリーンの海。

石垣島ビーチ好きにはたまらない最高のロケーションです。

©OCVB

基本、遠浅でシュノーケルポイントにはオススメ!

米原ビーチでシュノーケルを通した海中観察の動画です。この3分弱の動画を見たあなたは米原ビーチに訪れたくなるでしょう。

ご覧いただけましたか?

BGMと海の世界に癒されますよね♪

現在は、魅力の代名詞サンゴが壊滅状態になり、浅瀬のサンゴ観察は以前に比べて魅力が半減された米原ビーチは平成22年4月から国立公園に指定されていることはご存知でしょうか?

米原ビーチは西表石垣国立公園に指定されています。

米原ビーチ(または米原海岸)が西表石垣国立公園(いりおもていしがきこくりつこうえん)に指定されているのは地元民も含め、多くの人には知られていません。

そもそも西表石垣国立公園とは何か?そこも含めて簡潔に説明していきます。

国立公園は、

次世代の為に自然を楽しめるような自然保護を保つ目的と役割があります。人工的では決してなし得ない自然な魅力はその地区一つ一つの財産となり、日本全体の自然な魅力の一部になっています。

石垣島といえば自然が楽しめる海や山の自然豊かなスポットが多数収めており、その代表がビーチでもあるように、エメラルドグリーンと言われるキレイな景観はサンゴがいて、初めて成り立つ現象です。そのサンゴが楽しめるビーチが米原ビーチです。

そのため国立公園で指定された米原ビーチでは、お魚やサンゴ、貝などの採取は禁じられております。豊かな自然を残す為にも国立公園に指定された米原ビーチはそれだけ自然の魅力であなたを癒すほど魅了させてくれます。

また、景観を保つ目的があり、人的なハブクラゲ対策用のネットの設備はなく、出来るだけ肌の露出を避けて海遊びを楽しむようにしてくださいね。具体的には水難事故を防ぐ為にもライフジャケットやウェットスーツの着用がオススメです。

西表石垣国立公園について詳しく知りたい方はこちらのHPを見てください。
↓↓↓
【公式】西表石垣国立公園

 

西表石垣国立公園に指定されるほど美しい米原ビーチの魅力とは?

上記にも書いたように米原ビーチは自然の魅力が溢れているスポットだというのはなんとなくご理解いただけたと思います。

サンゴが壊滅されてしまう現象は人的に踏みつけてしまう恐れもありますが、自然災害の要因もあります。それだけ、サンゴが人の目に止まるほど多く生息している分、壊滅のダメージもわかりやすいのです。

なぜわかりやすいのかと言いますと、浅瀬に生息しているサンゴのビーチスポットは石垣島でも珍しく、気軽にサンゴの海中観察に適している事が分かっています。

下記の画像を見ていただけたらわかるようにサンゴが生き生きしいている頃の米原ビーチは浜辺からもこのようにくっきり見えます。

↓↓↓昔の浅瀬のサンゴが広がる米原ビーチ

この事からサンゴは海の生き物で米原ビーチの景観を保っています。足で踏んづけてしまうと大事な景観が失われかねませんので今後の海の自然を保つ為にも十分注意されてくださいね。

関連で、米原ビーチに利用ルールが始動されました。実際に正しい遊び方を知らなければ重要なことを知らないまま遊んでしまうことになります。

ウミガメの産卵地でもある米原ビーチ

あまり知られてはいませんが、米原ビーチはウミガメの産卵地でもあります。しかし、近年ゴミの置き去りや本来禁止のはずのバーベキューで使用された炭など少々目立つようになり、ウミガメの産卵された痕跡も見られなくなりました。

ウミガメはキレイな砂浜、透明度が高いビーチでなければ産卵はしません。いつでも産卵できるような環境作りを意識したいものです。

それだけ、透明度が高いビーチというのがもう1つの魅力です。現在でもこの透明度は抜群に発揮しており、ビーチから広がる水平線は青空とリンクして吸い込まれるような絶景スポットが楽しめます。

多くの観光客と地元民が利用される米原ビーチは賑やかなムードでお楽しみいただけます。

そんな米原ビーチの様子をいつでもリアルタイムで海の様子を見ることができるライブカメラがあり、目的に応じて潮の満ち引きを把握するには便利な映像です。それでは見ていきましょう!

 

リアルタイムで米原ビーチをライブカメラ(ハザードマップ)で観察

米原ビーチに降りた浜辺にライブカメラが高台から目立つ位置にあり、ビーチの奥の方まで確認することができます。

正式な言い方はハザードマップと言い、1日の米原ビーチの映像に基本情報(波の高さ・風の強さ・天気・気温など)を載せていますので分かりやすく映像を見ながら確認しましょう。

米原海岸(ビーチ)ハザードマップ情報

※ハザードマップは米原ビーチ専門に特化したマリンショップジェリーフィッシュ が設置し、管理しています。

米原ビーチの潮の満ち引きを知りたい方は石垣島の潮位表がオススメ!

より明確に米原ビーチの潮の満ち引きを知りたい方は図表と数字を見ないと把握しづらいかと思います。米原ビーチだけでなく石垣島の潮の満ち引きも把握できる潮位表を参考にされてみてくださいね。

国土交通省|気象庁|潮位表 石垣島 満潮・干潮予測

特に干潮に入りますと潮が引いて魚も見れなくなりますのでお魚を見たい方や目的を達成されたい方は潮位表の確認を推奨します。ビーチの様子を把握されたい方はハザードマップと潮位表でより正確に把握できますよ!

 

米原ビーチ!遊び方とその魅力について

米原ビーチは基本的に浅瀬で静かなビーチ。個人の遊泳こそ危険とされていますがマリンツアーならアクティビティが盛りだくさん!ツアーポイントはカヤックで移動から楽しみ、ポイント先ではシュノーケルでルリスズメダイやウミガメまで海中観察が楽しめます。

そんな米原ビーチでは満潮と干潮では景色の見方が大きく変わります。いつもと違う米原ビーチの景色を楽しみたい方は満潮時と干潮時に訪れるのもオススメです。

 

本格的にシュノーケルを楽しみたい方は米原ビーチがオススメです

石垣島のビーチの中でも3本指に入る人気のビーチが米原ビーチです。

浅瀬で静かなビーチですから、のんびりされたい方にもオススメできます。透明度も高く、サンゴも近しい事から本格的にシュノーケルを楽しみたい方にはイソギンチャクやサンゴの観察は魅力的です。

ツアーでポイントまで行けば、優雅に泳ぐウミガメは必見ですよ。ただし、基本的に個人の海水浴は自己責任であり、パトロールしている監視員がいますので、アドバイスはよく聞いて皆んなが楽しめるビーチにしましょう!

【関連】個人orツアーでも楽しめる石垣島の13スポットのビーチ記事が参考になります。

おすすめマリンショップを紹介!米原ビーチでシュノーケルツアー!!

米原ビーチは浅瀬では決して見ることのできない海の中の生き物に出会えます。

有名どころで言えばディズニー映画『ファイティング・ニモ』のモデル『カクレクマノミ』にも出会えます。カクレクマノミは誕生してから最後の時までイソギンチャクの同じ住処から離れない習性があります。

その住処のポイントがツアーで海中観察ができるのです。つまり、ツアーでなければ辿り着けないもう一つの南国が米原ビーチです。

 

数あるツアー会社の中で石垣島PR情報局がオススメするツアー会社がジェリーフィッシュ!石垣島出身のガイドさんが島の魅力に精通した信用あるツアー会社!旅行者にとって1番気になるお財布事情も比較的コスパが良いのが特徴です。

 

米原ビーチでアクティブに楽しむならジェリーフィッシュでレンタル

※画像クリックで詳細情報がみれます。

上記でもお伝えしたジェリーフィッシュは米原ビーチから最も近いマリンショプです。

マリンツアーからレンタカーの貸し出しも用意しておりフードまで召し上がる事ができる万能で便利なショップです。マリン商品なども取り揃えておりますので、買い物を忘れてもココで手に入れる事ができます。

オーナーさんを始めスタッフも石垣島出身の方がいますので島のことをお聞きしたい事がございましたら是非ジェリーフィッシュで話されてくださいね。

ツアーに参加されなくても豊富なフードメニューを揃えていますのでガッツリ召し上がりたい方にもオススメです。また、マリングッズの貸し出しもされていて、こちらも申し分ないほどコスパがイイです!

断言します。

米原ビーチでマリンレジャーをするならジェリーフィッシュがオススメですよ。

【ジェリーフィッシュの基本情報】

1 施設名/ジェリーフィッシュ

2 お問い合わせ電話番号/0980−88−2386

3 FAX/0980ー87ー7838

4 お問い合わせメールアドレス/jellyfish644@gmail.com

5 郵便番号/907−0451

6 住所/沖縄県石垣市字桴海644ー38

7 営業時間/9:00〜19:00

8 Wi-Fi/アリ

9 支払い方法/現金・クレジットカード・電子マネー・PayPay

10 ホームページ/【公式】ジェリーフィッシュ

11 フェイスブック/【Facebookページ】ジェリーフィッシ

※毎日フェイスブックページで更新しています。海の状況・情報などを動画や画像を駆使して多くのお客様に分かりやすくお伝えしております。米原ビーチに訪れる際は是非ご参考ください。 

12 駐車場/ツアー参加者は無料です。※利用されない方はジェリーフィッシュにて前払いになります。

↓↓↓ジェリーフィッシュ駐車場エリア

こんな方に訪れてほしい!

・コスパ良く!マリンツアーをから食事まで1箇所で限られた時間を有効的に使いたい方。

↓↓↓グーグルマップ/ジェリーフィッシュ詳細地図

 

米原ビーチ周辺のグルメスポットで石垣島の南国ランチを味わおう!

米原ビーチ周辺の飲食店はジェリーフィッシュを始め、全て徒歩で行ける近さなので移動はそれほど苦労はしません。憧れのビーチ付近で召し上がる料理は南国気分でお腹も心も満たされてみてはいかがですか?

それでは見ていきましょう!

 

スタミナ補充!とんかつ力

地元の方は知る人ぞ知るお店。普段は観光客が利用されるとんかつ力は看板の通り、とんかつ専門店です。ガッツリ食べたい方は米原ビーチ周辺で迷う事なくとんかつ力です!

ご飯が進むロースカツの食感がサクッとジューシ〜に召し上がれます。程よいアツアツの定食料理はビーチで遊んだ後にオススメですよ。

【とんかつ力の基本情報】

1 店名/とんかつ力(とんかつリキ)

2 ジャンル/とんかつ・コロッケ・フライ・定食

3 お問い合わせ電話番号/0980ー88ー2747

4 郵便番号/907−0451

5 住所/沖縄県石垣市桴海(ふかい)642−1

6 営業時間/11:30〜16:00※売り切れ次第終了

7 定休日/火曜日

8 平均予算/¥720円(ロースカツ定食)

9 支払い方法/現金のみ

10 オススメメニュー/ロースカツ定食

11 座席・個室/12席あり(4人掛けテーブル×2と2人掛けテーブル×2)・なし

12 駐車場/あり(1台)※車を停められない方は店主にご相談くださいませ。

 こんな方に訪れてほしい!

・ガッツリ満腹されたい方にオススメ

↓↓↓グーグルマップ/とんかつ力の詳細地図

最低限知っておきたい米原ビーチの基本情報(駐車場・住所込み)

[米原ビーチの基本情報]

1 ビーチ名/米原ビーチ

2 監視員/基本、常駐していませんがパトロールで見廻りをしています。

3 郵便番号/〒907−0451

4 住所/沖縄県石垣市桴海(ふかい)

5 営業時間/なし。

6 体験できるアクティビティ/①シュノーケル・カヤック※マリンツアーのみ

②バーベキュー※米原キャンプ場内であればOK!ビーチ内、浜辺を含めた場所はNGです。

※バーベキュー利用は事前予約が石垣市役所に必要になります。
石垣市観光課
TEL:0980-82-9911(代)/0980-82-1535(直)

7 ビーチ利用料金/無料

遊泳は危険とされております。詳しくは下の見出しに書いてあります。また、パトロール中の監視員、もしくはジェリーフィッシュまでご相談くださいませ。

8 課電話番号/0980−82−1535(石垣市役所観光文化課)

9 FAX/0980ー82−1911

こんな方に訪れてほしい!

・子供連れのご家族様でのんびりビーチを眺めたい方。

【ビーチ内設備】

1 シャワー室/隣接する米原キャンプ場のシャワー室アリ。

※近場のジェリーフィッシュで有料¥500円で温水付きがあります。

2 お手洗い/あり(男女別)

3 更衣室・ロッカー/なし。

※荷物が多い方はレンタカーのご利用をオススメいたします。もしくはジェリーフィッシュで無料で利用できます。

4 自販機/有

5 売店(稲福商店)/あり※スナック菓子やアイスの販売、マリングッズなどのレンタルもしています。

・喫煙されたい方は稲福商店の喫煙所の利用をお願いします。

米原ビーチ有料と無料の駐車場まとめ

米原ビーチには入り口が3箇所ほどあり、どちらからでもビーチ駐車場に繋がっております。しかし、ビーチ以外にキャンプ場も隣接していますのでキャンプ場の駐車場に止める利用者も見受けられます。

そこで、ビーチ専用の駐車場をわかりやすく紹介させていただきます。それでは見ていきましょう。

【米原ビーチ有料駐車場基本情報】

有料駐車場は2箇所あり、それぞれ向かい合って駐車スペースが目の前にあります。無料駐車場が空いていない場合は速やかに駐車が可能です。

1 駐車台数/60台

2 料金/1日¥500円

【米原ビーチ無料駐車場基本情報】

天気が良い日は午前9時頃から満車の時もあります。空いていたらラッキーと思いましょう。入り口から入って目の前が無料駐車場になります。

1 駐車台数/約7台の駐車可能。

 

米原ビーチ最短アクセスルートの紹介

地元の人から絶大な人気を誇る米原ビーチまでどのルートで行くのか?

分かりやすく人けが最も多い新石垣空港・離島ターミナル・市街地中心地であるユーグレナモール(お土産市場)

3スポットから米原ビーチに向かう最短アクセスルートをグーグルマップで表してみた。

スムーズに米原ビーチにたどり着けるようあなたの手助けになれたら幸いです。

↓↓↓グーグルマップ/新石垣空港/米原ビーチ/車

[新石垣空港→米原ビーチまでの基本情報]

1 アクセス時間/新石垣空港→米原ビーチまで約22分

2 距離/約16.3㎞

3 タクシー予算料金/約¥3460円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金でございます。実際に掛かる料金表を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/離島ターミナル→米原ビーチ/車

[離島ターミナル→米原ビーチまでの基本情報]

1 アクセス時間/離島ターミナル→米原ビーチまで約29分

2 距離/約18.9㎞

3 タクシー予算料金/約¥4060円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金でございます。実際に掛かる料金表を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/市街地(ユーグレナモール)→米原ビーチ/車

[市街地(ユーグレナモール)→米原ビーチまでの基本情報]

1 アクセス時間/ユーグレナモール→米原ビーチまで約27分

2 距離/約18.4㎞

3 おおよそのタクシー料金/約¥4000円

※JapanTaxiのサイトを参考にした予算料金でございます。実際に掛かる料金を保証する金額ではございません。予めご了承ください。

米原ビーチまでバスで訪れる方へ

市街地にあるバスターミナルから米原ビーチ前のバス停(米原)までのアクセス時間と料金は下記の石垣バスターミナルで確認できます。

米原のバス停からビーチまで徒歩5分で着きます。

※時間帯は多少変動があります。予めご了承ください。

↓↓↓グーグルマップ/バスターミナルの詳細マップ

【石垣バスターミナル基本情報】

1 施設名/東(あずま)運輸株式会社

2 郵便番号/〒907−0012

3 住所/沖縄県石垣市御崎町3番地

4 TEL0980−87−5423

5 ホームページ/【公式】石垣バスターミナル

 

米原ビーチで水難事故を防ぐ為に知ってほしい大事なこと

米原ビーチは基本、浅瀬で波も穏やかで静かなビーチなのですが、北風がある時はモロに影響を受けやすい事でも有名です。この事から一見、シュノーケルに適していると思いきや直ぐに波にのまれ、沖合に流れ出しやすいのです。

浅瀬だからといって奥の方まで泳ぎますと、いつの間にか沖合まで流されて、被害を受けた方もいます。

またリーフカレント(離岸流)=外海への強い流れが特徴でもある米原ビーチはサンゴ礁の切れ目から外に流されやすくサンゴや魚を見たいがためにシュノーケルをしているといつのまにか沖合に近づいていたことも珍しくありません。

1つの目安として、ビーチから150m先は水深0.5m〜3mの深さになっています。あくまでも体験上の印象です。水難事故が相次いで悲しい思いをしないためにも1人1人がルールを守り米原ビーチを楽しむことが大事になります。

 

注意喚起の看板は米原ビーチ周辺に至る所に大きく掲載されておりますので、ビーチに入る前にしっかり読んでから楽しむ事が必要ですよ。

 

米原ビーチで沖合の海に流されていると感じた場合の対策

流れには決して逆らわずに砂浜と平行に流れを横切って泳ぎ、リーフカレントを抜けてから、1番近い陸地を目指してくださいね。

 

実は遊泳禁止の米原ビーチですが、4つのルールは守ろう!

上記の水難事故でもわかるように米原ビーチに遊泳禁止看板が出ております。

※遊泳禁止看板は台風や海の状況で危険と判断し、朗報警報が気象庁に出た際に遊泳禁止看板をジェリーフィッシュが立てて、ビーチのパトロールをしております。従って、米原ビーチをはじめ石垣島のビーチは原則として遊泳危険区域となっております。

予めご了承ください。

それだけ海の脅威が強く、豹変する米原ビーチですが管理業者は配備されておらず、ジェリーフィッシュさんがパトロールしながら監視員の役割をしているのが現状です。

 

【簡潔です】米原ビーチはどこからどこまでがルールなのか?ハブクラゲとカツオノエボシの危険生物対策も合わせて紹介

この部分が現在でも灰色ですが、プロのガイドさんが見廻りしているため、その時のビーチの様子でケースバイケースに対応しているように見受けられます。

1つの目安としてご紹介しますと大きく分けて、こういう時は遊泳禁止にしております。

1 潮の満ち引きが激しいとき

2 裸体でシュノーケルや遊泳をしている方(ジェリフィッシュや稲福商店でグッズのレンタルをしています。)

3 2人1組でないとき

4 飲酒・体調不良の方で遊泳しようとしている方

上記の4つを含め、パトロールしているガイドさんの言う事を守れない方は海上保安庁に連絡する事もあります。

※合わせて、米原ビーチはハブクラゲによる被害が特に多いです。理由は明確です。石垣島のハブクラゲ対策も詳しく知れば、今後の石垣島ビーチ遊びが快適になりますよ。

 

【関連】石垣島のカツオノエボシ対策の術を下記のリンク先でお伝えしてます。ハブクラゲの記事と合わせて読めば、安心して快適なビーチを楽しめる術を知ることができます。

カツオのエボシは最近、見かけなくなりました。しかし、珍しいからこそ危険もあります。ビーチは好奇心をそそる場所。色鮮かなカツオのエボシは見方を変えれば毒毒しい生き物です。

別で、米原ビーチはサンゴが多く、サンゴが砕けた破片などで怪我をしやすく、海水で炎症を起こす恐れもある為、対策としてラッシュガード・マリンシューズは必要です。

マリンシューズだけだと隙間から破片が入る恐れもあります。その痛みでビーチ遊びも半減しますので、オススメ対策としてマリンシューズの上からフィンを装着する事が隙間を抑えて快適に泳ぐ事ができますよ。

万が一の事を考えてライフジャケット・浮き輪などの備えは大事になります。※特に小さなお子様は必須!

他サイトや口コミにもありますが、現在の米原ビーチでは魚に餌やりをして群れの海中観察することはしておりません。理由は、添加物などがサンゴを始め海に危害を与える要因の一つに挙げられています。予めご了承ください。

 

最後に

また2019年に米原ビーチに公式ルールを設ける予定でしたが、目処がたっておらず、現在は公式ルールを設けるか未定であります。

今後の進展がありましたら随時、情報掲載していきますので、予めご了承ください。

【関連】米原ビーチから公道に出て北に進むとやどかりビーチがあります。通称:青の洞窟に行くビーチとして利用されるビーチです。ジェリーフィッシュさんのご利用でツアー参加できますよ♪➡︎やどかりビーチから青の洞窟ツアー!

※本記事は他サイトの情報を参考にしたものや現地で体験された時点の情報であり、正確性を保証するものではございません。最新の情報は各スポットの連絡先までお問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です