YouTubeチャンネルはこちら

あなただけの夏休みツアーが見つかる石垣島旅行!服装選びと料金は心配ありません

この記事では、夏の石垣島に訪れたい方に向けて必要な情報を伝えています。

日焼け対策も含めた快適に過ごせる術もお伝えしています。

[記事内]

夏の石垣島について

まず、日本の夏の時期は下記の通りです。

2019 夏 (北半球) 開始

6月22日〜9月23日
日付はすべて 日本時間 です

この時期といえば「夏休み」をイメージできますね。

この記事では、イベント・行事・旬な食べ物も紹介します。

そんな夏休み期間中に石垣島を考えている方は旅行プランの選び方を知っておくと、スムーズに予約がとれます。

夏に潜む台風の脅威とは?

沖縄の夏といえば台風が多く発生する時期です。

多いと月に二回ほど台風が通過することもありますので、それも踏まえたうえで計画を練る必要もあります。

ここで、台風が発生した時の影響をお伝えします。

  • 全て欠航します。(フライト・船・観光バスツアーなどの移動手段)
  • アウトドアレジャーのキャンセル。
  • 施設内で過ごすことが主になりそうです。

上記の影響はやむ負えません。

沖縄に発生した台風は、本州と比べて非常にスピードがゆっくりなので、旅行と重なった場合はステイホームで過ごすことになります。

過ぎ去るのを待つしかありません。。

天気予報を載せておきますので、これから本格的に旅行プランを立てる方は目を通しておくといいでしょう。

>>石垣市の天気-Yahoo!

夏休みに旅行を考えている方へ

石垣シーサイドホテル

夏休みシーズンに旅行をする時は、思っている以上の暑さに驚いてしまうかもしれません。

沖縄本島の暑さを知っている方でも「石垣島の夏は地獄だな・・」こんなコメントはよく聞きます。

以下の3つのポイントに気を付けると、より楽しむことができます。

空路の確保

天候に左右されやすい移動手段でもあるので、予約する際は台風のチェックをしつつ慎重に予約することが必要です。

暑さ対策

服装で失敗しないようにすることも重要です。

最高気温の平均は30度を超え、最低気温さえも26度くらいなので、涼しい時間がありません。太陽光の紫外線も東京の3倍になることも珍しくありません。

日焼け対策

長袖のカーディガンなど日焼け対策も忘れがちですので、しっかり準備しましょう!

上記の3つのポイントは夏の各月6月〜9月の石垣島旅行プランで詳しく解説しています。

下旬を狙う6月の天気・気温&梅雨に石垣島旅行ツアーとイベント観光

台風を恐れない7月の石垣島旅行プラン!イベントと旬なレジャー体験!服装&気温事情で紫外線対策をバッチリ決める!

石垣島8月の天気は灼熱!?台風を感じさせない旅行プランと紫外線に強い服装は快適に!ギャップがあるイベント・行事の魅力とは!?

台風の天気に惑わされない9月の石垣島!落ち着いた時間を満喫する旅行プランを紹介

 

すでに「この月に訪れる予定」の方はこちらから参考にした方がイメージしやすくて魅力が深まります。

毎年恒例!夏を楽しむイベント・行事

【7月編】オリオンビアフェスタin石垣島!

ビール大好きな大人たちにとって、これほど魅力的な響きがあるでしょうか。

オリオンビールが主催しているイベントで、石垣市新栄公園で開催されます。

ビールや屋台の食事だけでなく、ライブステージや花火大会など、一日中楽しめるイベントです。

ちなみに2018年にはライブステージに人気アーティスト「HY」さんが登場し、話題になりました!

それがこちらです↓↓↓

これが南の島のお祭り雰囲気です。このライブを直で観ながらキンキンに冷えたオリオンビールを飲まれたらどれだけハッピーか。。最高のひと時を思い出になります。

【関連】祭り開催場所の新栄公園も知ることができれば、シーサーの魅力と石垣島の歴史の知識が深まります。

 

【8月編】夜の“感動”は音楽ライブも楽しめる南の島の星まつり

実は石垣島にはたくさんの「星」に関連する昔話が残っています。

星座の数は全部で88個あるといわれていますが、石垣島では84個を見ることができるといわれる「星の島」なんです。

20時30分から街中が一気に照明を落としたあとは、空に浮かぶ星々の美しさをぜひ体験してください!

南ぬ浜緑地公園(ぱいぬはまちょうりょくちこうえん)で毎年8月に開催されるこのイベントには、星空観察会のほかに石垣島出身のアーティストがライブするなど盛り上がりをみせています。

【関連】南ぬ浜町緑地公園に行くには石垣島のシンボル!サザンゲートブリッジを渡る必要があります。のんびりした普段の南ぬ浜町の魅力を知れば石垣島の自然と楽園の世界を堪能できます。

 

【9月編】伝統文化が現代を受け継ぐ石垣島で、とぅばらーま大会を知っていますか?

石垣島に行ったことがない人には、このタイトルだけを見てもどういう内容の大会かわからないかもしれませんね(笑)

この「とぅばらーま」とは、八重山の民謡のことを指します。

無形文化遺産でもある「とぅばらーま」を歌いあうイベントが、このとぅばらーま大会なのです。

大会という呼び方より、歌合戦、という方がイメージしやすいかもしれないですね。

とぅばらーまの歴史は深く、もとは農作業で疲れた農民たちが帰り道に歌っていたのが起源と言われています。

人の様々な感情が歌詞に描かれており、代々歌い継がれてきました。

ちなみにこの、とぅばらーま大会は昭和22年から続く伝統行事で、民謡を歌うイベントとしては全国でも有数の知名度と言われています。

 

イベント・行事は以上となります。

6月のイベント、ハーリー祭は春の時期に開催されますので、ハーリー祭について知りたい方は6月の旅行プランからご覧いただけます。

続いて、夏ならではの旬な食べ物を紹介します。

夏の旬な飲食を厳選紹介!

石垣島の夏の食べ物を各月から1つ厳選して紹介します!

6月の旬な食べ物は、上記のイベント・行事同様、春の旅行プラン記事に厳選して掲載しています。知りたい方は春の旅行プラン記事からご覧いただけます。

【7月編】ピーチパインは結局ピーチとパインどっちの種類?

 

 

 

 

 

 

 

 

ピーチパインは、沖縄で生まれたフルーツです。幻のフルーツと言われており、まだ作られ始めて20年ほどの種。

特徴は、パイナップルより少し小さく、芯まで食べることができるほど実はやわらかく、とても甘くてみずみずしいです。

>>【送料無料】石垣島産ピーチパイン 約3kg(3玉〜5玉) │沖縄産パイナップル│

【8月編】ドラゴンフルーツならB級寄りでサッパリ味わえます

インパクト大の外見と色は、一度見たら忘れられないことでしょう。

ドラゴンフルーツはサボテン科のフルーツで、龍のウロコのような見た目からドラゴンという名称がつけられたといわれています。

もともと中南米の熱帯雨林で栽培されていましたが、暖かい地域ならば育つフルーツです。

実の色もカラフルであるため、甘そうなイメージを持ちますが、輸入されてきている本土のドラゴンフルーツはほとんど甘みのないアッサリとした味が特徴。

対して、沖縄で栽培されているドラゴンフルーツは輸入品と違って糖度が高まっているため、甘くておいしく食べることができます。

モモンガさん達の南国フルーツセット 人気フルーツ3種アソート 国産おやつ【HLS_DU】 関東当日便
↓↓↓

また栄養分には夏バテ防止の要素も入っているので、ぜひ食べておきたいところです。

>>沖縄県石垣島産 ドラゴンフルーツ 15g ドライフルーツ 無添加 無着色【HLS_DU】 関東当日便

 

【9月編】幻のキーツマンゴーでトロピカル気分

普通のマンゴーは皆さん知っていると思いますが、石垣島にはキーツマンゴーという幻のマンゴーがあります。

このキーツマンゴーは大きいもので1kg以上のサイズがあり、とろけるような甘さで最初はビックリするでしょう。

濃厚な甘さは、実際に食べてみる価値ありです!

>>冷凍アップルマンゴー×1kg[ダイスカット]10個まで1配送でお届け[冷凍]【2〜3営業日以内に出荷】

 

ここまで、各月で楽しんで召し上がる旬なものを取り上げていきました。ここからは、サマーシーズンならではの石垣島遊びをギュギュッと盛り込んでいます。

それでは見ていきましょう。

 

夏のダイビング&シュノーケルを楽しむアクティブレジャー紹介!

年中、石垣島では美しい海でシュノーケリングやダイビングが可能であり、特に夏の時期は盛り上がりをみせますよ!

綺麗なサンゴ礁と、踊るように泳ぐ熱帯魚と一緒に、文字通りキラキラした思い出作りにオススメな時期です。

ダイバーがぜひ見せたいと思っている人気No1生物は、なんだと思いますか?

熱帯魚?サンゴ礁?

実は沖縄を訪れるダイバーが自分の目で見てみたい生き物はマンタです!

石垣島は日本一マンタ遭遇確率が高い南の島としても知られています。

海の中をゆったりと泳ぐ優雅さ、可愛いシルエットは、息を呑んで見つめてしまいます。

マンタは石垣島で一年中いつでも会えるのですが、特に夏は活発でとっても元気!

ダイビングorシュノーケルでマンタと会いたい!という人も多くいるのですが、年中楽しめますので安心してくださいね。

今回はあえて他のレジャーも厳選して紹介したいと思います!

6月の旬な遊びは、上記の食べ物同様、春の旅行プラン記事に厳選して掲載しています。知りたい方は春の旅行プラン記事からご覧いただけます。

ちなみにマンタ遭遇確率が一番高い石垣島ですが、その中でもビーチから最も近いポイントはこちらですね!

【7月編】水上バイクが選ばれる理由は『潮風』にあり!

7月のような猛暑は、オススメできる疾走感溢れる潮風と水しぶきを感じていただけます。

水上バイクは通常、特殊小型船舶操縦士の免許が必用となりますが、ガイド付き体験ツアーなどもあって誰でも楽しむことが可能!

海の上を高速で滑走するのはとても爽快感もあり、そのスピード感がクセになること間違いなし!

こればからりは体験しないとわからないですね♪

【8月編】夜のナイトツアーはもう一つ石垣島の魅力。それは“感動”です。

石垣島を訪れたなら、昼間は思いっきり遊んで、夜はゆっくり休むのもアリですが、せっかくの石垣島!

ナイトツアーといって、石垣島の夜を満喫することができるアクティビティは、夜のジャングルを散策する非日常体験ができる大人気ツアーです!!

普通の生活ではまず経験することのない夜のジャングル、そして息を呑む満点の星空は、テレビやスマホ越しではわからない一見の価値あり。

観光用に明るく照明がついている、というわけではなく、思っている以上に暗いルートを進んでいきます。

しかし暗闇の中を歩いているとは思えない星空の明るさや、夜に光る虫たちを見て、きっと「暗い=怖い」という印象は払拭されること間違いなしです!

なぜなら、夜の石垣島は自然の神秘であなたを包み込むからです。“夜の感動”という遊びはこういうことだと五感に刺激されるでしょう。

【9月編】荒川の滝でサワートレッキング!ジャングルの自然でマイナスイオンを満喫

大自然を感じることができるアクティビティは、なにも海と夜のジャングルと、満点の星空だけではありません!

サワートレッキングは沢沿いのルートを歩き、普段は絶対に見ることができない南国ならではの植物や生き物を見ることができます。

ジャングルという秘境を歩くため、多くの場合ツアーには安全説明などがしっかり行われるため、安心です。多くの森林浴とマイナスイオンをチャージされてい方にオススメ!

体の芯から活性化するような、「汗をかく気持ち良さが体感できます。」

【関連】荒川の滝の魅力を知ればお得なセットツアーもお楽しみいただけます。

夏をお得に楽しむ旅行プラン

今回の記事は、夏休みシーズンも含めた石垣島へ遊びに来た時に通常の100倍楽しめるように、現地人として詳しく濃い内容でお送りしてきました!

イベントだけでなく、楽しめるアクティビティや、ちょっと変わった特殊なフルーツなど、石垣島の夏休みを少しでも知ってもらえたでしょうか?

実際この記事では紹介しきれないほどの「夏の石垣島」がまだまだ、まだまだあります。

あとは、あなた自身が現地に訪れて実感すればこれ以上ない満足感が得られるでしょう。

夏の天気・気温事情「快適に過ごすには?」

繰り返しお伝えしますが、石垣島はとにかく暑いです。

本土で考える「薄着すればいいかな」という考えではは暑さでバテてしまう可能性が高いです。

そこで、正しく対策をするには、まず石垣島の気候を知る必要性がありますので、分かりやすく東京都と石垣島の気温を数字で比較していきます。

比較できたら、『何が必要で何が不要か』選別できます。

そして、具体的に備える術を身に付けることも容易になります。今後の沖縄全体の旅行プランにも活かせますので、ここで賢い知識を身につければ、あなたが知人や友人、家族にもアドバイスもできるでしょう。

それでは平均気温を比較して見ましょう。

石垣島 7月 8月 9月
最高気温 32℃ 31℃ 30℃
最低気温 27℃ 26℃ 25℃
降雨量 170.6 249.6 259.7
日照時間 13.5 13.0 12.5

 

東京都 7月 8月 9月
最高気温 30℃ 31℃ 27℃
最低気温 23℃ 24℃ 21℃
降雨量 140.5 157.5 209.5
日照時間 14.5 13.5 12.5

 

この表の最高気温だけを見れば「あれ?そんなに気温差がない?」と思ったかもしれませんね。

確かに最高気温は1℃か2℃の差ですが、注目してほしいのは最低気温です。

[記事内]

東京では特に夜になれば最低気温が最高気温と7℃くらい差があり涼しくなるのですが、石垣島は大きな差があっても5℃と、東京よりも変化は大きくないことが分かります。

また、体感温度は東京都と石垣島では全く異なり、都会にあるビルの日陰などもないため直射日光を浴びる機会も多いのが南の島の特徴です。

UVパーカー M/L/LL/3L 紫外線対策の定番 フード付き パーカー 。レディース 羽織り アウター 長袖 大きいサイズ 綿混 コットン混 UV 紫外線 日焼け 春 夏【メール便可23】◆zootie(ズーティー):スタンダード UVカットパーカー
↓↓↓

正しく紫外線対策するために、UVカット付きの服装・グッズは入念にしておくべきです。何もしないで石垣島の直射日光を浴びると、真夏であれば20分足らずで日焼けしてしまいます。(事実です。)

また飲み物は「ちょっと用意しすぎでは?」というくらい用意しておくと良いです。

せっかくの旅ですから、早々の脱水症状や熱中症に細心の注意を払いたいところですね。

ここでは、服装・グッズは具体的に紹介していませんが、各月の旅行プラン記事に全て詳細に記載しています。あなたが少しでも快適な旅をされたいなら目を通しておく必要があります。

下旬を狙う6月の天気・気温&梅雨に石垣島旅行ツアーとイベント観光

台風を恐れない7月の石垣島旅行プラン!イベントと旬なレジャー体験!服装&気温事情で紫外線対策をバッチリ決める!

石垣島8月の天気は灼熱!?台風を感じさせない旅行プランと紫外線に強い服装は快適に!ギャップがあるイベント・行事の魅力とは!?

台風の天気に惑わされない9月の石垣島!落ち着いた時間を満喫する旅行プランを紹介

 

少し大げさな言い回しになるようですが、本当に石垣島の夏は灼熱地獄です!

ここで明確にお伝えしておきたいのは、紫外線の強さは東京の3倍以上はあります。5倍になることも稀にありますね。

「肌を日焼けしたくない」というだけでなく、自分の命はとりあえず守りましょう、とだけお伝えしておきます。

シェアしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

編集長 與儀(よぎ)地域WEBマーケター
石垣島PR情報局の編集長を勤めている與儀(よぎ)貴志と申します。 石垣島の全ての魅力を石垣島PR情報局のスタッフが現地人の視点からお伝えしております。当サイトで紹介してほしいお店、観光地などあれば取材させていただきます。 お気軽にご相談いただけますと幸いです。