YouTubeチャンネルはこちら

なぜ冬の石垣島で観光スポットを巡るのか?その楽しみ方を教えます 

冬の石垣島

石垣島と聞けば、夏のイメージやビーチ遊び、観光スポットを巡るのが楽しい!そんなイメージがあまりにも定着しすぎて冬になると本土で冬眠生活のようにお部屋でゆっくり・・・

まぁ、これは自然なことかもしれませんが、夏の石垣島に訪れる人が「冬の石垣島を知る」と意外と訪れたくなるのはなぜだろうか?どんな楽しみ方があるのか?なんて思ったからこの記事にたどり着いた人もいるでしょう。

だったら、本当に冬の石垣島にまた訪れましょうよ?

・・・とはいえ、「そう何度もほいほい訪れるほど余裕があれば来たいです(笑)」というのが本音ではないでしょうか。。だからこの記事で少しでもガイドブック的な役割を果たして「冬の石垣島も行きたくなる!」そんな楽しみ方が分かっちゃうと思います♪

冬の天気・気温・服装を知っておくと楽しみ方も広がります

平均最高気温:21〜23℃
平均最低気温:16〜18℃

冬の服装:パーカー・ウィンドブレーカー・フリース

お天気事情を知った上で必要な服装を備えておくことが石垣島の観光を楽しめるコツです。というのも具体的な服装や楽しみ方、その月の平均気温・水温も含めて12月・1月・2月の旅行プラン記事に記載しています。

島の天気を知っていないと適した服装もわからないどころか、自然体で満喫できませんからね(汗)冬の月の遊び方やイベントも載せていますので、ぜひ参考にしてください。

一部、冬の石垣島の楽しみ方をお答えすると、「海で泳げるんですよね(笑)少し寒いけど。。」

やっぱり冬の石垣島の海も魅力的だった!夏と異なる楽しみ方は知ってましたか?

海といってもひとくくりに泳ぐだけではないですよ?

例えば下記の遊び方が冬でもおすすめなんです。

  • 釣り
  • ダイビング
  • シュノーケル
  • サーフィン
  • マリンスポーツ
  • 海水浴全般ですね。

石垣島は年中、海で遊べるので。特にダイビングとシュノーケルは冬になるとフォトツアーに向いているので綺麗に撮影できることが魅力の一つですね!この場合、曇り空で天気が崩れていても海中は透き通っているので好条件でツアーに望めます。

オススメするシュノーケル・ダイビングショップは各月の旅行プラン記事に記載しています。冬は割引セールしていますよ♪

その点、冬の石垣島は観光客も少なく、自分だけの島時間を満喫しやすいメリットもあるんですよ♪これは冬の観光スポット全体に共通するので!こういう情報を知ったことは、冬に訪れてみる価値は十二分にあるんです!

「じゃあ具体的におすすめする冬の観光スポットの共通点てなにかな?」と知りたくなりますよね。。下記でおつたします。

みんな知らない。「冬の石垣島はお得になる?!」観光スポットに焦点を当てた結果…

いわゆる「シーズンオフ」の冬の石垣島を、ネットで調べることをしない人が多いと思います。しかし、この記事をここまで読み進めた方はある程度、冬の石垣島情報を知っておきたい方ではないでしょうか?

冬は安くしている観光スポットもある事実、知っていましたか?航空チケットは夏は高く、冬は安くなりますよね?

これは旅行客が少ないので、お得感を煽るのですが、、、同様に、石垣島の観光業者も冬に割引キャンペーンなどを打ち出すスポットやお店も探せばあるんですよ!

だ・か・ら、この記事を読んでいる方はある意味お得な情報をゲットできるチャンス!子連れにも安心して参加できるのでこの機会を見逃さないでくださいね〜。

冬の観光スポット編その1|石垣島鍾乳洞「雨の日の過ごし方に便利!」

石垣島鍾乳洞の神秘体験が最大15%割引【期間限定3つのクーポン比較】

日本最南端の鍾乳洞が石垣島にあります。

この時期、天気が崩れやすいこともあって、雨は多いです。風もあるし、そんな時に移動しながら見学したい人向けにおすすめします。神秘的な体験ができるので、女子旅に人気!というのも、「ジブリ映画」トトロの形をした鍾乳石が可愛いので♪

また、石垣島鍾乳洞エリアには工芸体験や飲食店も敷地内にあるので1箇所で満喫できちゃう魅力もあるのでぜひこの機会に観光されてみてください。

冬の観光スポット編その2|石垣やいま村「伝統体験・動物と触れ合えます」

【島割引券】石垣やいま村でクーポン入場料金をお得に使いませんか?

「 まるで昔の石垣島にタイムスリップしたようだ!」この感覚は行けば分かります。

あなたは、「赤瓦の街並みがいいなぁ」と思いますか?

YESなら行くべきです!手頃なお値段で昔の石垣島をはじめ八重山を満喫したいなら「やいま村」が豊富に遊べます。一つの村で束の間の島時間をお過ごしくださいませ。

こんな人におすすめ!

チェックポイント
  • 昔の八重山の伝統踊りをみたい
  • 伝統食を作ってみたい
  • 島の自然が育んだマングローブを見学したい
  • 島ならではのアートな体験工房を作りたい
  • 琉球衣装を身に着けて思い出写真をゲットしたい
  • リスザルと触れ合いたい

上記の魅力+割引が効いて1000円以下ですからこの割引期間中にまた行こうと思います。

いまさらいうようですけど、冬の石垣島は本土と比較した場合、あまり寒くないんですよ。急に凍えるような冷風がある時は違いますが、比較的過ごしやすいかなと。けど、海に入ると寒いのは変わりないので、海にはいらず、海での楽しみ方もおしえます!

冬の石垣島アクティビティ編|ホエールウォッチングはありません、イルカです

日本最南端のイルカウォッチング!見学・トレーナー体験・イルカと泳げるツアーも豊富です。サザンゲートブリッジを渡った先にあります。離島ターミナルと市街中心地にあるので利便性にも優れています。

ただ単に海を眺めるだけだと物足りなさを感じてしまう方はイルカshowを取り入れたアクティビティがおすすめです。参考までにサザンゲートブリッジの記事にショップの場所と詳細も記載しています

体験・見学・showの三拍子が冬のアクティビティにコミットするなら上記の観光になります。子連れにも良いということですね♪

とわいえ、

ツアーとして参加されたい方は石垣島をぐるっと巡るコースに興味はありませんか?いくつかあるのでシェアしますよ!

「迷ったときの」冬の石垣島ツアー特集編|「島内を巡る」それとも「離島を巡る?」

妥協せずに石垣島を始め離島制覇したいと思ったことはありませんか?それに限りなく近い観光ツアーをまとめました。もちろんコスパをおさえたセット価格なのでガイドさんに任せてOK!

迷った時はこういうオプショナルツアーを狙うと効率的で遊びやすいですよ?

冬の石垣島を巡るバスツアー

遊び方に迷っていませんか?【石垣島観光バスツアー】を選ぶべき話。

八重山の玄関口、石垣島を一周する2つのコースがあります。

もちろんランチ付きコースもあれば、指定ホテルまで送迎付きコースもあります。定番の観光スポットを1日で巡るので、効率的です。かなりコスパいいので節約重視の方は詳細コースをご覧ください

後はとにかく迷ったら各月の冬の石垣島を調査しましょう。そっちの方が詳細が詰まっています!

そして、服装も大事ですから。冬が過ぎるとまた値段も上がりますし、そうなるとゆっくりする冬の観光とはまた魅力が異なります。

シェアしてくれると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

編集長 與儀(よぎ)地域WEBマーケター
石垣島PR情報局の編集長を勤めている與儀(よぎ)貴志と申します。 石垣島の全ての魅力を石垣島PR情報局のスタッフが現地人の視点からお伝えしております。当サイトで紹介してほしいお店、観光地などあれば取材させていただきます。 お気軽にご相談いただけますと幸いです。