石垣島オススメビーチまとめ!ホテル目の前〜穴場の観光スポット紹介

石垣島のビーチに行ってみたい!
石垣島に訪れたらどこのビーチにしようかな〜♪

そんなあなたが求める石垣島の海!

ガイドブックに載っている定番ビーチからガイドブックに載っていない穴場ビーチ!あなたが興味をそそられるビーチを知りたくないですか?

今回、あなたに紹介する石垣島ビーチは定番と穴場のチャンプルー(方言:混ぜ合わせ)ビーチを一挙公開!島人も、旅行で訪れる予定の方も、

「石垣島ってこんなにたくさんのビーチがあったんだ!」

初めて知るビーチもあるでしょう。そんな方に向けて、そこのビーチの魅力を知っていただき関心を寄せていただけるような内容になっています。

この記事が少しでもあなたの旅のお役に立てることができましたら幸いです。

目次

石垣島のビーチに訪れる前に知っておきたい大事なこと!

ビーチ遊びで最低限知っておきたいポイント

・天気予報

・潮位表の事前に把握しておくこと

ビーチに行く予定と決めたら!少しだけお付き合いしていただきたいのですが・・

石垣島のビーチはどんなイメージをお持ちですか?

石垣島といえば常夏気分の青空と青い海が広がるエメラルドグリーン!カラフルなお魚とサンゴ観察ができる素晴らしい絶景ビュー!!

景色はこんなイメージではないでしょうか?
↓↓↓

もちろん毎日がこんなに青空ではありませんが、曇りや雨の日だとガラっと景色は変わります(笑)

海水浴目的でも青空に恵まれていた方がテンションも変わりますよね?

まあ、シュノーケルやダイビング目的の方は海中に潜ればそこまで問題ではありませんが(汗)

曇り雨だとSUPやカヤックを目的の方は海面移動の景色にギャップを感じて別の意味で驚きます!こんな感じで。
↓↓↓

やはり島の天気予報は事前に知っておきたいところですよね。あくまでも予報ですので、雨・曇りの予報であっても当日になって晴れた青空は良くあること。

あくまでも天気予報は目安にして参考にされてくださいね。
↓↓↓
石垣島 天気予報

いくら晴れていても潮の満ち引きで海の景色の姿や遊び方はガラッと変わります。特にマリンレジャー目的の方は潮が引いていたら遊べないこともしばしば。。

潮が引いていれば潮干狩りや海辺の散策ルートが広がり、快適にビーチコーミングも楽しめますよ!

浅瀬のサンゴなどは顔を出していることもありますので、シュノーケルなしでもサンゴ観察ができるメリットもアリ!

潮の満ち引きを把握することで海遊びが変わりますので、事前に情報を入手して訪れておきたいところ。それが潮位表です。潮位表は海の天気予報の役割だと思っていただければ良いです。数字と図表で明確に表していますので、参考にされてくださいね。

↓↓↓
潮位表 石垣島 満潮・干潮予測

サンセット後のマジックアワーが望めるシャニシャニビーチ

石垣島ビーチホテルサンシャインの目の前に広がる海がシャニシャニビーチです!シャニシャニビーチは南西の太平洋から沈む夕日のロケーションにピッタリ!ロング散歩道が可能な遊歩道は舟倉公園から快適に散策できます!

護岸の上を歩くデートスポットはビーチを見下ろせます。リゾートビーチの中では新鮮な角度でビーチから伸びる景色をあなただけのオリジナル散歩道にしてみてはいかがでしょうか?

市街地近郊No. 1のサンセットビューの景色!フサキビーチで決まり

上記のシャニシャニビーチからさらに進んでいくと最終地点のフサキビーチにたどり着きます!最もサンセットビューで賑わう市街地ならココ!ここでおさえておきたいポイントはフサキエンジェルピアから望むインスタ映え!

一生に一度のブライダルステージに選んでみてはいかがでしょうか?

サンセットドライブコースにオススメ!名蔵湾とマングローブ観察

石垣島で最大の湾がここ名蔵湾です!フサキビーチがあるフサキリゾートヴィレッジ(ホテル)から公道を南西に進んでいくと市街地から離れた閑静な場所になります。

ここまで訪れると誰もいない静かな夕日の絶景がしばらく続きますよ!ひとり旅のあなたにオススメ!海面に映る綺麗な海の輝きと亜熱帯特有のヒルギ の植物がまるで絵葉書。

歴史の爪痕の奥に広がる大崎ビーチ(電信屋)の楽園世界!

明治時代の建造物の先に広がる楽園、といったところでしょうか。観光名所にはなっていないものの歴史の感慨深さを必ず見ることから始まります。

その後、裏に続く獣道を進んでいくと岩石がキラキラと輝く水平線。そこに押し寄せる荒波が不思議と落ち着く場所です。歴史+楽園のチャンプルーワールドを楽しみたい方にオススメですよ♪

サーファーの聖地!大崎ビーチ(サーフィン)の魅力!

もう一つ、大崎ビーチがあります。先ほどの電信屋よりも一般的に知れ渡っている賑やかなビーチ。ここは特定の人が集まるサァーファーの方に愛されるビーチ!愛称:大崎浜ともいう。

波乗りの様子を捉えたい方は一眼レフカメラがオススメ!

ダイビングポイントとしても知れ渡っていますので、ダイビング目的の方はチェックしていただきたい!

石垣島のイチャンダビーチ!シークレット公開!屋良部崎のナブレの浜

イチャンダビーチという言葉を聞いたことがある人は多くはないでしょう。あなたが望むこだわりのビーチをピンポイントで知りたいのであれば、一般的な穴場スポットでは物足りないはず。

真実の穴場はシークレット!この場で公開している内容はシークレットビーチの序章に過ぎない。本物の秘境感ぶりの登山を少々しなければいけない。ビーチに向かうが、滑り止めの靴が必要。危険を察知したらすぐにでも引き返す事ですね。

ただし!情報収集する分には構いません。詳細記事を見ればわかりますよ♪

石垣島最西端!川平の地形を望める崎枝ビーチ

愛称!巻貝ビーチともいう。秘密基地のような獣道を通り過ぎていくと目の前に広がる浅瀬のサンゴ!見どころは上記写真は「おにぎり岩」と言われており巻貝ビーチのシンボル(笑)

ビーチに辿り着けたら聴こえてくる川が流れる心地よい音。透き通った冷たい清流は潮抜きの場としても望ましい。泳ぎたい方は詳細の記事をみてください。「やっぱり泳ぎたくないな。。」そんな思いをさせてしまったらある意味懸命な判断かもしれません。

シュノーケル初心者は知っておくべき!底地ビーチがオススメ

「シュノーケル初めてなので練習したいです!」

個人シュノーケルならなおさら底地(すくじ)ビーチですね!数少ないライフセーバーが見守っています!ハブクラゲ対策ネットを張っています!万が一刺された場合でもお酢の完備もバッチリです!

ロッカー・お手洗い・販売機・休憩場付きの手付かずの自然が残るロングビーチはココ!石垣島では新鮮なサンゴが少ない真っ白な砂が広がっているため怪我の恐れも少なく快適にシュノーケル練習に適していると言えるでしょう。

絶景!海の自然が広がるマンタポイント!石崎海岸

石垣島で最も高級リゾートホテル!クラブメッド ・石垣島の先に広がるマンタと出会える海!この海を見下ろす無限パノラマは絶景!!

知る人ぞ知る小高い丘のポイントをお伝えしよう!

手作りブランコがインスタ映えで話題に!?川平タバガー

missyaeyama@missyaeyama【公式】ミス八重山 https://jolygram.com/profile/missyaeyama/photo/1829363109006357474_5803375622

ギリギリのシークレットビーチと言われて早数年。石垣島では近年、シークレットビーチから定番になりつつあるビーチがココ!地元民の集いの場だったこの海は今ではインスタ映えのロケーション地へ!

別名、撮影場とも言われており、ブライダルが後を経たない。背景は必ず浅瀬のサンゴが広がるタバガービーチです。上級シュノーケル経験者は必見です!

石垣島人気観光No. 1スポット!世界の川平湾!

石垣島が人気上昇観光都市ランキング世界1位に輝いた決め手が川平湾!エメラルドグリーンの海を魅せる代表スポット!世界初の黒蝶真珠の養殖に成功!

沖縄では唯一のミシュランガイド3つ星を獲得!ミシュラン3つ星の意味は、世界中の旅行者に”わざわざ訪れる価値がある観光スポット”として、話題です。つまり、

石垣島に訪れたらまずは、川平湾に寄ってください!

天然の水晶が生まれる宝庫!クリスタルビーチ

穴場ビーチの代表格!ここでは沖縄一高い於茂登岳の山から流れる川に秘密があります。天然の水晶に生まれ変わる秘密を知ったら訪れてみたらどうでしょうか?滑らかな砂浜は水平線の海が広がります。採取できるポイントは・・

島人から愛され続けている米原ビーチ

本場シュノーケルを望むなら米原ビーチですね!地元民の憩いの場として常に不動の人気を誇ります。

シュノーケルの定番スポットとして今もなお人気を誇る理由はなんでしょうか?人々の習慣と自然が魅せてくれる心地よい海の自然が導いてくれるのでしょう。石垣島といえば米原ビーチ!「島人に聞いてみてください!」

やどかりビーチという名所なのに『星砂』も採れる?

米原ビーチから北に進むと小さなビーチがあります。通称:青の洞窟に向かうビーチとして知られているのがやどかりビーチです!名称の通りヤドカリの宝庫!

一つ、お伝えしたいのは、島の中でも多くの星砂を採取できるスポットですよ!いざ、訪れたいという方は詳細の記事を読んでくださいね。マリン利用が鍵ですよ!

砂浜の色が特徴的な伊土名ビーチ

伊土名集落の奥に広がる赤みがかかった砂浜が特徴的なビーチです!とても静かな場所で波も普段は穏やか。意外と知られていない穴場ビーチですが、このビーチの見どころは星空も望める位置付けで口コミ話題になっていますよ!

集落の明かりが目立つと思いきや明かりはそれほど目立たず、星一つ一つが美しい景色。伊土名住民から愛されたそこにある田舎のビーチは島らしさを感じられるでしょう。

サンライズが美しいナータビーチ

宿泊者限定ビーチ!ロングビーチとしてビーチコーミングにもオススメできるスポット!石垣島で最も人気を集める玉取崎展望台から見える海の名称がナータビーチです!地元民は長田浜と読んでおり、旧名でもお馴染み♪

島の北部にありますので、宿泊される方はこの地で最高のサンライズを望めますよ!

実は石垣島最大のロングビーチ!明石ビーチ

明石村の奥に広がるロングビーチを活かしたビーチコーミングでキレイな貝殻探しがオススメ!両サイドを囲む山が迎えてくれます。昔ならではの島村の風景を感じながら美しいビーチと緑の自然を感じていただけます。

灯台を望める石垣島最北端!平野ビーチ

石垣島最北端のビーチ!ここに訪れるのはあるスポットから眺めなければ知ることもできないほど!訪れることができたら灯台と無人島を眺めてみよう!

お宝発見!浦崎の楽園海プール

真実の最北端の海?プール?がこのスポット!平野ビーチにたどり着いたら最北端を知ったことにはならいそうで。。(汗)それほどまでに石垣島には島人ぬ宝が多い!

秘境感を感じてみたい方はこの場所に訪れて欲しい!平野ビーチに辿りついたらもう一歩ですよ!

アオサンゴ世界最大の楽園!白保海岸

石垣島から世界へ!

世界最大のアオサンゴ群落が広がるのが白保海岸です!白保海岸は伝統的な街並みと昔の石垣島らしさを後世に残している歴史を感じる海!

サンゴといえばシュノーケルですが、個人シュノーケルには不向き。理由は記事に詳細を載せていますよ。アオサンゴの景色を魅了されたい方はマリンショップを必須にしておくのが白保海岸を遊びつくせるポイントです♪

地域住民に愛される伝統的な大浜海岸

伝説・歴史・伝統・地元民に愛される魅力がギュッと詰まっているのが大浜海岸です!小さなお花が咲き誇る大浜海岸は遊歩道の散歩道がオススメ!普段は島人が散歩されることが多く、井戸端会議の場所にも選ばれています(笑)

地元の方が多い、その魅力を知りたい方は訪れてみてくださいね。きっと思わぬ発見ができますよ。

万能ビーチならココ!マエサトビーチ

マエサトビーチはANAインターコンチネンタルリゾートホテルの目の前に広がる人工ビーチです。石垣島のビーチの中では最もマリンアクティビティが豊富で多くの小さなお子様連れの家族で賑わっています!

もちろん安全面もバッチリ!複数のライフセーバーがあなたの海遊びを見守っていますので、比較的安全です。遊具を使ったアクティビティならこのビーチがオススメ!

市街地近郊でもあり、車で5分!アウトレットも近いことから立地も申し分なく万能的なビーチでお馴染みですよ!

 石垣島PR情報局 
石垣島PR情報局
https://ishigaki-pr.com/maezatobeach/
石垣島の歴史と文化が自然と調和した現代スポットにあなたを誘う

最後に

石垣島の海はエメラルドグリーンと言われる美しい鮮やかな色が人々を魅了させています。

エメラルドグリーンは一つ一つのサンゴが成長して成り立っています。つまりサンゴがいなければエメラルドグリーンは成り立たないということ。サンゴは動物です。

特に石垣島の海は浅瀬にサンゴが生息しているポイントも多く、知らなければ思わず踏圧でサンゴは壊れてしまいます。「パキッ」という音がなったらサンゴを踏んだ証拠です。

大きいサンゴだとおよそ破壊されて、完全に成長するまで10年かかると言われています。

米原ビーチがその例です。後世にいつまでも魅力を魅せていくためにも、海遊びをする人々の配慮と協力が必要不可欠です。

あなたがサンゴを守ります。あなたがサンゴを成長へと導きます。恩恵は、サンゴがあなたを魅了し続けます。

あの川平湾の海を見に訪れてください。遊泳禁止である川平湾が、なぜ世界中の旅行者から圧倒的な支持と1位の座に輝いたのか。訪れて、ありのままを感じてみたら全てがわかります。あなたが感じたことが答えです。

その後、海水浴をしてみると世界が広がります。島の自然の魅力がわかります。自然と共存できます。サンゴを愛してください。そうすれば、サンゴはあなたに魅了し続けてくれます。

南の島で、サンゴはあなたをいつまでも変わらぬ顔で待っています♪

※本記事の情報は他サイトの情報を参考にしたものや現地で体験された時点の情報であり、情報の正確性を保証するものではありません。最新の情報は各スポットの連絡先までお問い合わせください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です